厚生労働省は15日、09年4月に新しい基準を導入し、10月に大幅に見直した介護保険の要介護認定について、見直しの影響などの調査結果を公表した。4~9月の申請者で介護保険サービスを受けられない「非該当」になった人の9割以上が、10月以降に再申請してサービスを受けられるようになった。

 新基準導入で非該当になったり、軽度に判定されるなどで必要なサービスが受けられない人が増えたため、厚労省は半年で基準を変更。影響を調査するため、09年10~11月の申請者のうち約17万人分のデータを集計した。

 09年4~9月に申請して非該当となり、再申請した297人の結果をみると、約93%の人はいずれかの要介護度が判定され、再び非該当は約7%に過ぎなかった。

 一方、09年4~5月と10~11月の判定結果の要介護度を比べると、1次判定、2次判定結果ともに非該当と「要支援1」の割合が減った。また、09年10~11月の2次判定結果は06~08年の同時期と比べ、要支援1の割合が1.5ポイント程度多いものの、他はほぼ同水準になった。こうした点から厚労省は「軽度判定はほぼ解消された」としている。【佐藤浩】

【関連ニュース】
郵便不正:村木被告の初公判27日に 厚労省元局長
厚労省:事前評価など有識者が担当…補助金交付
臓器提供:親族への優先、厚労省が運用指針改正
無料低額宿泊所:厚労省、運営費助成へ 優良施設を選別
糖尿病患者:生活習慣改善で脳卒中が減少 厚労省調査

外国人参政権 理屈通らない小沢理論(産経新聞)
「光」お題に歌会始(時事通信)
<桜井茶臼山古墳>発掘成果紹介の速報展始まる(毎日新聞)
NHK交響楽団 正指揮者に尾高忠明さんが就任(毎日新聞)
超新星爆発後、巨大火の玉に=衛星「すざく」で発見-理研など(時事通信)
AD