民主党の小沢一郎幹事長は26日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐり、キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)に移設するとした日米合意について「前政権の話だ」と述べ、鳩山内閣は拘束されないとの考えを示した。
 小沢氏は日米関係に関し「一切の隠しだてやら不信感がないような関係でなければならない。自分の意見を主張し、合意はきちんと守り、信頼関係を築き上げることが大事だ」と強調。一方で「普天間(の合意)は前政権の話で、性格が違う」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

【麗し大和】(17)1300年を超えた三重塔(産経新聞)
「ポスト盗まれた」長男110番=家族も通報、対立深まる-一家5人殺傷・愛知県警(時事通信)
15歳未満の脳死判定基準を明記へ―改正臓器移植法で省令改正案(医療介護CBニュース)
認定こども園、532施設=京都など3府県がゼロ-文科・厚労両省(時事通信)
中学での「死亡確率」突出 柔道、頭部ガードの対策必要(産経新聞)
AD