公明党の山口那津男代表は17日の記者会見で、今夏の参院選で他党候補を推薦しないとの自身の発言について、「(推薦を)否定するとか推進するとか決めていない。状況の推移を見極めて検討したい」と述べて撤回した。山口氏は自民党との協力関係を見直す意向だったが、自公両党の関係が深い関西や九州の支持者の反発が強く、「党として方針決定していない」(幹部)と、発言の修正を求める意見が出ていた。他党との選挙協力は5月の大型連休明けに結論を出す方針。

 山口氏は14日、大分市で記者団に「党再建に全力を挙げており、他党候補を応援する余裕がない」と表明。15日の講演でも繰り返した。山口氏は17日の会見で「考え方は変わっていない」と釈明したが、党代表の発言のぶれは民主、自民両党の間で腰の定まらない公明党の現状を反映しているといえそうだ。【田所柳子】

【関連ニュース】
公明:民主との連携、選挙後に視野…山口代表
公明党:今夏参院選、他党の推薦せず…自民との協力見直し
鳩山首相:公明・山口代表と会談 政策提言に丁寧に対応
公明党:新代表に山口氏内定
鳩山首相:公明に「配慮」 国会運営、参院選にらみ

親子3人無理心中?特急にはねられ、2人死亡(読売新聞)
普天間移設、日米外相会談で主要議題にならず 平野長官が指摘(産経新聞)
【医薬最前線】第1部 ドラッグ・ラグの行方(4)“ワクチン後進国”脱却へ(産経新聞)
クロマグロ否決でBBC記者「欧州敗因は偽善」(産経新聞)
千葉県警元警部補 覚醒剤使用「間違いありません」 地裁初公判(産経新聞)
AD