アルカリイオン水素水でアンチエイジングする!!

健康・美容・ダイエット・癒し 話題の水素水について調べてみました。


テーマ:

1955年生まれもうすぐ還暦を迎えるというのにパワフルに活躍する歌手の郷ひろみさん。40歳を過ぎても抜群のプロポーションと美貌で男性を魅了する女優でモデルの藤原紀香さん。40歳で未だメジャーで活躍するイチロー選手。43歳にもかかわらず、世界の舞台で活躍するテニスプレーヤーのクルム伊達公子さん。芸能界でもスポーツ界でもパワフルに若々しく活躍する彼らはアラフォー世代には実に眩しく羨ましい人たちです。


彼らが水素水を飲用しているのは有名で、日テレの番組では郷ひろみさんがアンチエイジングに水素水を愛飲していることを紹介していましたし、藤原紀香さんも水素水を愛飲しています。他にも木の実ナナさん、辺見えみりさん、はるな愛さん、山田邦子さんなども水素水を愛飲しています。もちろん人に夢を与えることが仕事である芸能人は見られることが仕事ですから、本人の努力や人並みはずれた節制したりしたいるのでしょうが、そんな人たちにも水素水は選ばれています。


アスリートとなれば、歳とともに衰える身体的なパフォーマンスにも悩まされることでしよう。身体を鍛えているアスリートは、一般の人よりも筋肉量が多く、筋肉が必要とする酸素消費量が増えれば活性酸素の量も増えていってしまうのです。

活性酸素は紫外線を浴びたり、激しいスポーツをするだけでも増えていくので、アスリートの運動量を考えると発生する活性酸素は想像以上です。


アスリートでなくても、スポーツをした後に水素水を飲むと疲れづらくなり、疲労がとれるのも早くなります。まだまだ医学的には検証されていない水素の力ですが、水素を利用した治療も徐々に行われています。

美容の世界でも、水素水パックや水素水トリートメントなどが取り入れられていますが、分子がとても小さく、保存が難しいのでまだまだ高価です。水素水を高濃度のまま飲むには、出来立てをなるべく早く飲むのがいいのです。

今、話題の水素水サーバーなら高濃度の水素水を心置きなく使うことができます。

AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:

ご存知の方もいると思いますが「ルルドの泉で」という映画がありました。

不治の病で車椅子生活を送っていた主人公が、奇跡の水が湧き出ることで有名な聖地ルルドへのツアーに参加し、歩けるようになった物語です。

主人公は特別熱心な信者ではなかったため、周りからの羨望や嫉妬をされて…といった内容の映画です。

他にもメキシコのトラコテ村の水は、糖尿病、腰痛、アレルギーなどさまざまな病を治すという伝説があります。

「ルルドの泉」や「トラコテの水」には、活性水素が多く含まれているとされています。

人体は、血液中の糖分を燃焼させてエネルギー(ATP)と体温を作り出していますから、大量の水素が長時間継続的に供給されると、細胞のエネルギー代謝は大幅に改善され、脂肪は燃焼し、結果として糖尿病の人の血糖値は下がります。細胞内(ミトコンドリア)でグルコース(ブドウ糖の一種)からATPが生成されるクエン酸サイクルでは、グルコースから水素を取り出し、それを使って電子伝達系でエネルギーの源であるATPを生産しています。

水素は、その大きさが光の波長と同じ100億分の1メートル以下という宇宙で最も小さく、しかも最も多く存在する元素です。人体を構成する元素のうち、63パーセントが水素です。その10~15万分の1の水素がいかに小さな物質であるかわかります。水素原子は、中心に1個の陽子があり、その周りの軌道に1個の電子があります。

水素は、食物三大要素であるタンパク質・脂肪酸・炭水化物のすべてに含まれている生命に不可欠な本源的な元素なのです。

水素は宇宙で最も小さな元素なので、他のいかなる抗酸化物と比べても桁違いに強力な抗酸化力をだけではなく、波長と同じくらい小さいため、どんな細胞にも入っていけます。

活性水素水は健康に有効な働きをすることがわかって頂けたかと思います。

癌など多くの難病者が訪れるラジウム温泉として有名な秋田の玉川温泉に含まれている水素の量は、日本水科学研究所の測定によれば0.07ppmです。ちなみに“奇跡の水”と呼ばれるトラコテの水の水素含有量は0.001ppmですから玉川温泉の効能は非常に優れていると言えます。

水素は元素が小さいため、活性水素のお風呂に浸かると体全体で吸収することができます。飲料水として活性水素水を飲むとすれば、0.07ppmの水素濃度では、効果を得ることはできません。
それは、人体の細胞数は約60兆個もあるため、その中にある数百兆のミトコンドリアに十分なマイナス水素イオンを安定的に供給するには、1日2~30ℓを飲まなければなりません。
1992年にアルカリイオン水の整水器が厚生労働省による認可を受けました。当時アルカリイオン水が糖尿病に効くというブームが起こりましたが、検査の結果糖尿病に対する効果は認められませんでした。当時の水素水整水器では高濃度の水素水はできませんでした。現在では高濃度の水素水がアルミパックやサーバーで家庭で簡単に作れるようになり、その効果がメディアを賑わしています。現在の水素水であれば、飲用としても十分に効果は期待できます。水素水を飲む時は0.6ppm~1.6ppmの水素水を毎日1~1.5ℓ飲むことをおすすめします。

最近の論文によりますと、水素の作用は活性酸素の消去作用、すなわち抗酸化作用以外にもあらたな作用があることもわかっています。従いまして水素の濃度が高ければ良いわけではないようです。

例えば、パーキンソン病発症予防の動物実験などでは0.1ppmの水素水も0.8ppmの水素水もその効果はあまり変わらなかったという報告もあるように、必ずしも高濃度の水素水が最適であるとは言えないケースもあります。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
私たちの体は、おおよそ70%が水分でできていると言われています。この水分が生命活動を円順にし、若さの象徴である肌のハリやみずみずしさを生み出す源泉にもなっています。
ところが、歳をとるにつれて、体の水分は減少しはじめていきます。
老いとは、まさに「枯れる」ことで、高齢期になると体内の水分は55%程度まで減るといわれています。
こうした水分の減少が血液をネバつかせたり、組織を萎縮させて老化を促すわけです。
加齢とともに減る水分を抑えるには、上手な水分補給が必要ですが、この時重要なのは水の“質”です。
何しろ、体の70%近くを占める大切なものですから質のいい水を飲んでいるのと質の悪い水を飲んでいるのとでは、健康に大きく差が出てくるのは当然です。
例えば、日常で口にする水をすべてマイナスイオン水にすれば、体内の水も当然影響を受けることになります。マイナスイオンの効果を考えると、これは最高の健康法といえるかもしれません。
マイナスイオン水とは、学術的に定義された呼び名ではありませんが、基本的には次のようなマイナスイオン要素を備えている水といえるでしょう。

天然の鉱石など、自然界から供給された放射線などの「電磁的エネルギー」を持っている。
万病の元凶とされる「活性酸素」を消去する力がある。
細胞の活性化に必要なカリウム、ナトリウム、カルシウム、マグネシウムなどの電解質ミネラルの含有バランスがいい。
pHが健康な体液に近い、弱アルカリ性である。
体内の老廃物を洗い流す「界面活性効果」がある。
水の分子が小さくて体に浸透しやすい。

山の湧き水は天然のマイナスイオン水である。
マイナスイオン水は、決して特別な水ではありません。それどころか私たち人間にとって、水道水よりはるかになじみの深い水です。
例えば、富士山などの山肌から湧き出ている俗に名水と呼ばれる「湧き水」がそうです。山の湧き水は、山に積もった万年雪や雨水が、長い年月をかけて岩肌を通過し、染み出てきたものです。その間岩盤中のミネラルが溶け出し、鉱石由来のマイナスイオン水が作られます。
天然の湧き水を飲んだ時の「おいしい」という感じがまさにマイナスイオンの味覚です。
天然の湧き水が体にいいことは昔からよく知られていました。そもそも名水と呼ばれる湧き水は、たいてい神秘的な伝説をを持っていて、その水を飲んで難病が改善されたという体験例は後を絶ちません。
名水の湧き出ている近くに神社・仏閣が多いのも、神秘的なバワーを代々体感してきた地元の人が、その地に神仏を祀るようになったためと考えても不思議はないでしょう。
海外でも、奇跡の水として知られる「ルルドの泉」をはじめ、病気を癒す水場が数多く存在しています。メキシコのトラコテという小さな町の井戸水がやはり病気を治すという噂で話題となり、水の分析調査が試みられたことがありました。
その結果、水にはマグネシウム、鉄、カルシウムなどのミネラルが豊富で、水を電気分解したり、化学反応でつくられる「活性水素」が多く含まれ、井戸水の近くに火山が点在していることが明らかになりました。
じつは、日本の名だたる名水も火山で形成された火成岩の岩盤から湧き出ている場合が大半です。火成岩には、高温・高圧で作り出された鉱石が多く含まれていて、その鉱石から随時マイナスイオンが放出され、おいしくて体にいいマイナスイオン水が天然醸造されているわけです。

トラコテの奇跡の水にも含まれていた活性水素を含んだ水は、現在ではパックやボトルでも売られています。しかし、水素は地球上で一番小さい分子なので、時間が経てばどんな容器でも抜けてしまいます。つまり、水素水はサーバーでこまめに作って飲むのが一番よいのです。

健康のためには1日1ℓを目安に活性水素水を飲むのが良いとされています。
最近では水素水サーバーも高性能のものが多く、実際に水素水生成サーバーでつくった活性水素水を飲んでみるとすぐにわかります。水道水は消毒に使われる塩素の影響でカルキ臭があり、のどごしに抵抗感がありますが、活性水素水生成サーバーで処理した水道水は口当たりがまろやかでのど越しもよく、とにかくおいしいのです。しかも、水道水に含まれる消毒剤が有機物と反応して発がん物質を作り出すのを軽減することもできます。
水素水を単に飲むだけでも効果がありますが、水素水で炊飯すれば、ご飯もふっくらおいしく炊きあがりますし、汁物や煮物の旨味もぐんとアップします。鮮度が落ちた野菜も水素水に浸けておくとシャキッと元気になり、お茶やコーヒーに使えば味わいがより豊かになります。手軽においしく飲食しながら、若さや健康が保てる。これが活性水素水の最大の特徴です。
健康維持を目的に利用したい人は、活性水素水を1日に1リットルを目安に飲むと良いでしょう。もしも、美容やダイエットに役立てたい場合は1日に1~1.5リットルを目安とするとよいでしょう。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。