私はバカです。

テーマ:

知識を得るためには、

本を読む、人から聞くなどによって、

学習します。

 

学ぶことで知ってることが多くなり、

知識量が増加します。

 

本を読んだ理解は、

2回、3回と繰り返し読むことで、

更に理解が深まります。

 

人に聞いた理解も

 100%分かったつもりになっても、

理解不足ということがあります。 

 

理解には個人差もありますが、

意識の状態からも吸収力に

変化があると感じています。

 

「知ってる、分かっている」という意識があると、

知識を得る妨げになると感じています。

 

また、

「知ってる、分かっている」という意識は、

人間関係の障害になることもあります。

 

「知ってる、分かっている」の芽生えに対しては、

 100%の理解は出来ていないものとの

 認識を持っておくことが大切と感じています。

 

 

AD

意識を高く

テーマ:

意識が高まると、俯瞰した視点で、

平等な思考が得られやすいと感じています。

 

とても必要なことだと思います。

 

しかしながら、

意識が高いだげでは、良くも悪くも、

孤独になりやすいようです。

 

より良い人間関係を得るためには、

明るさと元気を保つことによって、

多くの人が集うと感じています。

 

 

AD

希望の力

テーマ:

希望からは、

生命活動の原動力が得られます。

 

 

人の行動は、目的を持つことによって

活動を始めます。

 

善の目的には、善の行動がもたらされ、

悪の目的には、悪の行動へとうながされます。

 

 

希望を持つことで、

心に生命エネルギーが生まれます。

 

人の出会いも、

希望と目的によって、

引き寄せられることでしょう。

 

 

AD

謙虚のエネルギー

テーマ:

新人の頃は、

分からないことが多いため、

低姿勢で謙虚に人と接します。

 

低姿勢で謙虚な人には、

多くの人が教えてくれたり、

可愛がる傾向があります。

 

この頃は、多くの人から

引き上げてもらい、

成長させていただけます。

 

いつしか、心の中に、

「言われなくても分かっている!」

という想いがあると聞く耳をなくし、

吸収できず、成長しなくなる傾向です。

 

「自分は一人で成長した!」

との心の姿勢が高くなると、

人々の心は離れていくようです。

 

『初心忘るべからず』

謙虚な人や企業は、

人々が育ててくださいます。

 

謙虚で成長してきたことを忘れ、

謙虚を失ってしまっては、

運勢も変わります。

 

『実るほど頭が下がる稲穂かな』

想像以上に謙虚の力は、

強いエネルギーを有すると認識しています。

 

 

 

 

 

 

人を遺るすか

テーマ:

人間関係で苦労してる人がいます。

 

社会にはいろんな人がいますので、

とても苦労することがあります。

 

明らかに相手が悪いため、

対人問題になることはあります。

 

ただし、いつも相手のせいにしていると

人間関係の苦労は繰り返す傾向にあります。

 

人間関係において、

相手はどうあるべきか?

を気にすることよりも、

 

自分がどうあるか?

を模索することが

大切と考えています。

 

多様な人に対応できる

スキルを身につけることで、

 

人間関係の苦労は

減少すると感じています。


中でも、

多様な人に対するメンタル管理は

とても大切と考えています。

 

人を遺るすか。

 

人のことより、

自分の改善。

 

自分に何ができるか?

を模索し成長することが、

早い解決に繋がるとともに、

 

後に、どこへ行っても

人間関係の問題が

減少する結果になると

考えています。

 

 

愛はエネルギー

テーマ:

愛は、エネルギーです。

 

物理的な燃料エネルギーは、

燃えるほど燃料は減っていきます。

 

創造的な愛のエネルギーは、

燃えるほど愛は大きくなります。

 

愛は使うほどエネルギーが増える

不思議な性質があります。

 

愛の力は、偉大だと感じます!

 

時に、愛のエネルギーは、

人知を超えたパワーを発揮し、

人を助けることがあります。

 

実在する最高位のエネルギーは、

愛のエネルギーと感じています。

 

 

 

 

 

 

愛こそすべて

テーマ:

多くの人に愛されたいと願うことは、

少なからずあることです。

 

個人の想いの中で、

自分で自分を愛していない人は、

意外と多いと感じています。

 

自分ことを、あまり愛していないが、

人には愛してほしいということが

無意識にもあると感じています。

 

できれば、自分のことを、

世界中の誰よりも、

最も自分で愛せるということが

望ましいと思っています。

 

 

人間関係において、

相手以上に相手の人を愛している関係は、

よくあることと感じています。

 

このような関係は、

日常的に無意識に存在し、

とても仲の良い関係になる傾向です。

 

社会環境が良いところでは、

相手以上に相手を愛していることが、

良好な人間関係を築くための

基本的な心になっていると感じています。

 

 

 

自由を失う

テーマ:

自由になりたい!

多くの人が望んでいることと感じます。

 

自分の自由を主張し、

環境を無視した振る舞いは、

返って自由を失うことになるようです。

 

地球の環境破壊によって

自然災害を誘発し、

被害によって自由を奪われる。

 

会社の運営方針を無視し、

風紀を乱すことによって、

監視や規制が強まり自由が縛られる。

 

人間関係においても、

 

相手の気持ちを無視し、

自分勝手な主張ばかりだと

対人問題となり自由を失います。

 

いかがでしょうか?

 

自分の自由を主張する以前に、

地球、会社、人間を尊重する・・・。

 

相手を尊重することによって

規制緩和がなされて

自由度が開ける傾向です。

 

相手に対する思いやりと

働きかけのエネルギーは

 

時間の経過とともに成長して

返ってくることが多いようです。

 

自由になるためには?

 

相手の望みを尊重することの蓄積から

規制緩和のエリアが拡大し、

自由環境が得られると感じています。

 

後悔はしない

テーマ:

誰しも、初めから悪い結果になることが分かって

決定などは行わないものです。

 

選択の違いよる後悔は、

もしも、優れた判断ができる自分だったらと

夢のような比較によって生まれているとも考えられます。

 

あとになって後悔するような結果でも

その時は、正しいと思って、

ベストを尽くした選択がほとんどです。

 

得られた結果は、

それ以上でも、それ以下でもなく、

後悔するものでないとも考えられます。

 

過去を悩むより、

未来に良い結果が得られるように、

選択できる知識と心の成長が

必要な課題と考えています。

 

人間関係においても

良い結果をもたらす人の周りには、

自然と人々も集まる傾向にあるようです。

 

 

 

必要とされる自己中心

テーマ:

自己中心には、2種類あると思っています。

 

一つ目は、モラルや、共栄精神がない自己中心タイプ。

自分さえ良ければ、周りはどうなってもいいという

他人に迷惑を掛ける身勝手な自己中心タイプです。

 

二つ目は、モラルや、共栄精神がある自己中心タイプ。

社会に役立つためには、何をすべきかを考え、

理想の自分作りをする自己中心タイプです。

 

誘惑、劣悪、理不尽な環境に染まって、

心身共に汚染されてしまうと

人生に障害が出てくる可能性があります。

 

たとえば、

相手の理不尽な態度に反応して、

自らも理不尽な態度をとってしまうと

 

居心地の良い自分の意識環境を見失って、

苦しむ結果となる傾向が見られるからです。

 

 

理想の自分づくりをするために、

負のエネルギーに揺らがない、

信念を貫く自己中心の思考は

必要と考えています。

 

 

このように、負の環境に染まらず、

明るく、前向きな活動をする信念ある人は、

 

人間関係においても

社会貢献できる存在になると

確信しています。