気象庁は30日夕、霧島山(宮崎、鹿児島両県境)の新燃岳(1421メートル)で同日朝に小規模な噴火が発生したことを、ヘリコプターによる観測で確認したと発表した。新燃岳の噴火は2008年8月22日以来、1年7カ月ぶり。
 気象庁は30日午前、噴火警戒レベルを平常の「1」から、火口周辺の立ち入りを規制する「2」に引き上げており、今後も噴火の可能性があるとして、警戒を呼び掛けた。 

【関連ニュース】
霧島山で小噴火の可能性=警戒レベル引き上げ

<2ちゃんねる名誉棄損>原告、元管理人の印税から賠償金(毎日新聞)
偽1万円使用で逮捕、似た偽札首都圏で150枚(読売新聞)
北九州の社長遺体遺棄、容疑の元従業員逮捕(読売新聞)
「鳩山さんを実力あるように見せたかった…」虚偽記載の動機語る 鳩山首相元公設秘書初公判(産経新聞)
日医会長に親民主・原中氏 自民候補の推薦撤回、焦点(産経新聞)
AD