交際女性に対する不同意堕胎事件で、東京慈恵会医科大学付属病院の医師小林達之助容疑者(36)が実家の医院から陣痛誘発剤の点滴パックを持ち出した疑いのあることが25日、捜査関係者への取材で分かった。
 同容疑者は「ちょっと待ってて」と言いながら女性宅を出て、約3時間で同パックを調達して戻っており、警視庁捜査1課は妻との結婚前後だったため、堕胎を急いだとみている。 

【関連ニュース】
医師「流産させ申し訳ない」=慈恵医大病院を捜索
不審がられ「患者欲しがる」=薬調達、大みそか・元旦も
別の患者名で錠剤入手=妊娠告知の翌日、結婚直前=不同意堕胎事件・警視庁
妊娠告知10日後に流産=医師、迅速に計画か
医師、流産後も数カ月交際=発覚避けるためか

アダム・ランバート、圧巻のパフォーマンス
小沢氏、不起訴へ 東京地検、立証困難と判断(産経新聞)
<普天間移設>現行案の見直し、米に理解求める…下地氏訪米(毎日新聞)
125ccの原付バイクで行こう!(Business Media 誠)
子ども手当、現物支給検討へ…長妻厚労相(読売新聞)
AD