政府の原子力委員会は9日、新政権下で初となる2009年版「原子力白書」を公表した。白書は、鳩山政権が大幅な温室効果ガス削減目標を掲げたことなど環境問題への関心の高まりに触れ、「原発は地球規模の温暖化ガス排出削減に貢献する」と強調。また、中東や東南アジアで原発を新規導入する動きが強まっているとして、「原発の輸出は日本の経済成長にも貢献できる」と新たな利点を指摘した。 

【関連ニュース】
林業再生へ鳩山首相が意欲=菅原文太氏ら招き意見交換
海洋観測装置に不具合=一部データ取得できず
仕分け対象候補の独立行政法人
核トマホーク延命せず=日本守る抑止力に影響なし
与党、早くも国会延長論=重要法案山積、参院選日程も連動

小沢氏辞任要求の連合静岡会長に厳重注意(読売新聞)
<掘り出しニュース>「昭和ロマン博」、映画セットで再現 福島・南相馬(毎日新聞)
<カタクリ>薄紫色の花が魅了 栃木・那珂川の公園(毎日新聞)
山崎宇宙飛行士 ISSで野口宇宙飛行士と対面(毎日新聞)
新党との連携否定=前原、枝野氏(時事通信)
AD