自転車で歩行者をひき逃げしたとして、警視庁四谷署は7日、東京都台東区の会社員の男(31)を重過失傷害と道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで東京地検に書類送検した。

 発表によると、男は2009年12月25日夜、新宿区四谷1の歩道で、酒を飲んで自転車を運転し、前から歩いてきた川崎市の40歳代の男性をはねて足の骨を折るなどの重傷を負わせ、そのまま逃げた疑い。

 男は会社の忘年会で焼酎のロックを約2時間に10杯以上飲んだ後、無灯火で、スピードの出るスポーツタイプの自転車に乗っていたという。男は現場に自転車を乗り捨てて走って逃げたため、所有者が判明し、同署が任意で事情を聞いていた。男は調べに対し「驚いて逃げてしまった」と供述しているという。

ヨット沈没、防水携帯で助け求め3人救助(読売新聞)
谷川流「涼宮ハルヒの憂鬱」 兵庫・西宮 珈琲屋ドリーム(産経新聞)
JR東海社員、東京駅高架下に飛び降り死亡(読売新聞)
耳かき店員殺人事件 被告を精神鑑定へ(産経新聞)
新種の翼竜化石発見=あごに多数の歯-米大学(時事通信)
AD