日本列島付近で低気圧が急速に発達し、9日夕方から10日明け方にかけ、東日本内陸や西日本の各地で大雪が降ると予想される。雪の地域は次第に北に移り、北日本では10日昼過ぎから暴風雪・大しけが見込まれており、気象庁は厳重な警戒を呼びかけている。

 10日正午までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で▽東北地方の太平洋側60センチ▽北陸、甲信地方(長野県)40センチ▽北海道、中国地方(山陰)、九州北部(山口)30センチ--の見込み。また、北日本の太平洋側と九州北部・南部で、10日に波の高さ6メートルを超える大しけが予想されている。

【関連ニュース】
【気になる全国の天気をチェック】
【現在氷点下の地域はこれだけある】アメダス実況
【低気圧の推移がわかる】衛星画像:降水短時間予報
【気になる全国の週間天気をチェック】
【全国の警報・注意報一覧】

<公然わいせつ>容疑の税務署員逮捕 福岡(毎日新聞)
プリウス工場の車内に硫化水素、作業員自殺か(読売新聞)
<NHK>草薙氏に100万円払い和解 報道めぐる訴訟で(毎日新聞)
08年度は1億4900万円黒字=解散方針の駐車場整備機構-国交相(時事通信)
<スナメリ>海遊館に登場 ニッコリ“初笑い”(毎日新聞)
AD