同じ旧社会党に源流を持つ社民党と新社会党が、参院比例選への“共通”候補擁立を検討していることが分かった。

 関係者が20日、明らかにした。具体的には新社会党の原和美副委員長(60)が社民党に入党し、社民党公認として出馬する方向だ。新社会党は旧社会党内の最左派勢力で結党された経緯があり、連立与党内にきしみが生じる可能性もありそうだ。

 原氏の擁立構想は、社民党支持の市民団体が同党に持ちかけた。社民党内では積極論の一方、連立を組む民主党の保守系や国民新党が新社会党の影響力を嫌うとした慎重論も根強い。

 新社会党は、村山政権当時の社会党が自衛隊や日米安全保障条約を容認したことなどに反発した衆参5人の議員が離党し、1996年に結成。現在、国会議員はおらず、政党助成法の政党要件を満たしていない。全国で100人超の地方議員がいる。

出産費用の公的保険直接支払い、完全実施見送り(読売新聞)
<徳島バス>県内2路線を9月末で廃止 高速道割引で減収(毎日新聞)
<五輪フリースタイル>ベラルーシが初の金 男子(毎日新聞)
<訃報>坂田泥華さん94歳=萩焼陶芸家(毎日新聞)
東アジアの文化交流推進=鳩山首相(時事通信)
AD