北海道釧路市はこのほど、新規高卒未就職者に対象を絞った介護雇用プログラム事業を開始した。働きながら「ホームヘルパー2級」の資格を取得するというもので、対象を高卒に限定した取り組みは全国でも珍しいという。

 同事業は、市内の介護老人福祉施設と介護老人保健施設で介護補助業務などの職場実習をしながら資格取得を目指すというもの。資格取得に必要な講義の受講時間も勤務時間とみなされ、給与の支給対象となる。

 対象となるのは今年3月に高校を卒業した市内の居住者。市内10施設がそれぞれ1人ずつ募集する。応募期限は5月10日。

 北海道では一般を対象にした介護雇用プログラムはあったが、対象を限定するのは初めて。釧路市は昨年11月末時点で、高校生の就職内定率が北海道平均を約5ポイント下回る40.5%だった。


【関連記事】
介護職員処遇改善交付金のキャリアパス要件を決定―厚労省
キャリアアップシステムの導入で報告会―全老健
介護職員の「キャリアパス要件」ガイドラインで中間報告―経営協
介護職員の「キャリアパス要件」、年度内に決定
介護職の人材管理制度、「3年以内に確立を」―福祉医療機構・千葉氏

普天間問題 社民反発 5月政局本格化(産経新聞)
死体遺棄容疑で元夫を逮捕 静岡・御殿場(産経新聞)
谷川流「涼宮ハルヒの憂鬱」 兵庫・西宮 珈琲屋ドリーム(産経新聞)
<カキツバタ>しっとりと鮮やかに 愛知・無量寿寺で見ごろ(毎日新聞)
教科書検定プロセスが明らかに 研究センターで資料公開始まる(産経新聞)
AD