11日は、この日を境に梅雨入りするとされる「入梅」。だが今年は、沖縄、奄美地方以外はまだ梅雨入りしていない。近畿地方でも平年(6日)より遅れ、10日には京都市で最高気温が32.5度となるなど、各地で夏を思わせる日差しが照りつける。遅れる梅雨入りで、ビアガーデンなどは好調な半面、除湿機などの季節商品は出足が鈍り、田植えを迎えた農家も雨を待ち焦がれている。

 ■夏物家電も不調…高気圧が停滞、雨は今週末から

 大阪管区気象台によると、近畿地方の昨年の梅雨入りは平年よりやや早い6月3日。過去30年で、最も遅かったのは昭和61年の6月16日で、最も早かったのは平成3年の5月26日だった。しかし、今年は日本列島の北に高気圧が強く張り出した影響で、梅雨前線は6月に入っても南の太平洋上に停滞したまま。このため、5月6日に梅雨入りした沖縄、奄美地方を除き、各地で梅雨入りが遅れている。

 これに笑顔なのがビアガーデンだ。大阪市の阪神百貨店梅田本店の屋上ビアガーデンは、売り上げが昨年同期比3割増で、担当者は「やっぱり雨が降らないのが大きい」。このほか同店では、帽子や日傘といった紫外線対策の商品も昨年の2倍の売り上げだという。

 「入梅」は、梅の実が熟する時期とも言われ、日本一の梅の生産量を誇る和歌山県みなべ町は、今が収穫のピーク。同町うめ21研究センターの平喜之さん(40)は「5月ごろに雨が多かったため、収穫量は3割ほど減りそう」というが、「今年は晴天続きで収穫作業もはかどる」。

 一方、例年5月ごろから伸び始めるエアコンや除湿機、冷蔵庫といった夏物家電の売り上げは鈍い。「電機屋泣かせの天候のせいですわ」と話すのは上新電機(大阪市)の担当者。「じめじめした梅雨と暑い夏が待ち遠しい」と梅雨入りに期待をかける。

 田植えが本格化し、これから水を必要とする農家も、今後の空模様を気にしている。兵庫県内で稲作や畑作が盛んなたつの市の農林水産課職員は「他の農作物には大きな影響は出ていないが、稲作はこれから水が豊富にいる時期。適度な雨がほしい」。

 「あじさい寺」として知られる奈良県大和郡山市の矢田寺ではアジサイが5、6分咲き。梅雨の遅れと咲き具合に関連はないが、同寺大門坊の前川真澄住職(66)は「やっぱり雨にぬれたアジサイが風情があるでしょう」と語る。

 では、関係者をやきもきさせる梅雨入りはいつごろになるのか。大阪管区気象台によると、今後は高気圧が弱まって梅雨前線が北上し、今週末あたりから雨が続くと予想されており、梅雨入りは週明けごろになりそうだという。

【関連記事】
梅雨快適グッズ「普段着」感覚 水はじく絹・部屋干し洗剤… 続々登場
梅雨前掃除 風通しよくしてカビ防止 洗剤の使い方に注意と工夫
梅雨でも快適 おしゃれ雨具 機能性・デザイン、さらに進化
高島屋東京店、初の屋上ビアガーデン 26日オープン
ビアガーデンがオープン 宇都宮グランドホテル 栃木
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

<プロ野球肖像権訴訟>選手側の敗訴確定 最高裁決定(毎日新聞)
発生地への訪問自粛を=口蹄疫防止で呼び掛け―熊本県(時事通信)
いじめ言葉監視→通報…学校裏サイト監視システム(読売新聞)
<一宮殺人未遂>「黒い服の男」目撃…現場そばで数日前から(毎日新聞)
参院選勝敗ライン変更せず=菅首相(時事通信)
AD
 検察側の生命線がついに絶たれた。郵便不正事件をめぐる厚生労働省元局長、村木厚子被告(54)の公判で26日、元係長らの供述調書の証拠採用を却下した大阪地裁決定。証人出廷した関係者が捜査段階の供述を次々と翻す異例の展開に、横田信之裁判長は検察側の取り調べ方法を批判した。弁護人は「無罪判決は動かしがたい」と自信をうかがわせ、村木被告も「感謝」とコメント。一方、有罪立証へ向けての最重要証拠を失った検察関係者は苦渋の表情を浮かべた。

 「正直ほっとした」。村木被告の弁護人、弘中惇一郎弁護士は公判後の記者会見で開口一番に切り出した。

 弁護側が注視していたのは、元係長、上村勉被告(40)の調書の採否。村木被告の関与を取り調べの早い段階から供述していたため、採用される可能性も視野に入れていたという。

 しかし結果は、弁護側の願い通りの却下。弘中弁護士は「検事は『記憶なんてあてにならないから多数決で決めよう。自分に任せろ』と記憶への自信を喪失させ、上村被告を追い込んだ。決定は、この検事の手法に対する厳しい批判だ」と顔を紅潮させた。

 また、同様にすべての調書が却下された凛の会元会長、倉沢邦夫被告(74)については「(暴行脅迫がなく)誘導だけで調書が却下されるケースは思いだせない」と評価。決定全般について「捜査の問題、証言の問題を分析し、これまでまかり通った捜査のやり方を具体的に厳しく批判した。内容も着眼点も高く評価する」と笑顔をのぞかせた。

 村木被告に便宜を指示したとされる元部長(58)の調書などは採用されたが、「(口利きを否定した)石井一参院議員の証言やアリバイ証拠があるので、全く問題にならない」と改めて「無罪判決」への自信をのぞかせた。

 村木被告は「裁判所がていねいに証拠を検討してくださったことに感謝している。一日も早く無実であることが明らかになり、社会復帰できる日が来ることを心から願っている」とのコメントを出した。

 一方、大阪地検は「公判中なのでコメントは差し控えたい」とする次席検事コメントを発表。ある検察幹部は「予想外。これまででは考えられないような決定だ」と言葉少なに語った。

【関連記事】
裁判員制後、保釈率が急伸16.9% 捜査当局は懸念
郵便不正 共謀者は有罪…矛盾判決、調書採否が原因
文書偽造「共犯」に有罪 厚労省事件で大阪地裁
郵便不正公判 「凛の会」元会長の一部無罪で検察側が控訴
郵便不正無罪、崩れた検察側構図 厚労省元局長公判も苦境に
虐待が子供に与える「傷」とは?

沖縄近海震源の地震、北大東村で震度4(読売新聞)
法案採決めぐり解任決議提出(産経新聞)
<バカラ賭博>賭博場貸した容疑で元外交官を逮捕 警視庁(毎日新聞)
ハイブリッド車は2020年、年間1100万台規模に--野村総研が予測
岡田外相 イラン外相と会談 IAEA決議に従うよう要請(毎日新聞)