政府は23日午前の閣議で、正規職員の部下が一人も存在しない係長や主任などの職制の国家公務員が、全府省庁合わせて2万6634人いるとする答弁書を決定した。自民党の馳浩衆院議員の質問主意書に対し答えた。自衛官を除く全公務員の約8.8%に相当し、定員削減などで組織がゆがんでいる実態が浮き彫りになった。
 省庁別では、地方の出先機関を多く抱える国土交通省が最多で8347人に上る。また農水省(6924人)、厚労省(3057人)、国家公安委員会(1773人)、経産省(1597人)、防衛省(1030人)が1000人以上となった。 

【関連ニュース】
天下り指定席、調査対象拡大=新規採用大幅削減案も
2割削減の道筋、6月にも=国家公務員の総人件費で
公務員ボーナス、2年連続下げか=来月から民間給与調査
天下りにメス、組織を再構築=「仕分け人」蓮舫参院議員
労政審委員、官僚OB排除へ=長妻厚労相

口座詐取で道職員逮捕=「ヤミ金に譲渡」-北海道(時事通信)
自民・舛添氏が新党検討=荒井氏らに参加呼び掛け(時事通信)
<夏日>今シーズン初 東京・大手町で25.5度(毎日新聞)
山崎さんの宇宙カボチャ全国へ 名誉市民にも 松戸市(産経新聞)
「引きこもり」「在日」にも障害者福祉は必要―12団体が新制度へ要望(医療介護CBニュース)
AD