社民党の照屋寛徳国会対策委員長は12日、国会内で記者会見し、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題について「(米自治領)北マリアナのサイパン、テニアンを視察した結果、移設実現の可能性を強く確信した」と語った。

 平野官房長官に対し、日米交渉で正式に検討するよう申し入れる。

 照屋氏は、テニアン市長や議員ら約20人と意見交換し、「地元議会として米海兵隊の受け入れを支持する決議を行う」と伝えられたことを明らかにした。

プロバイダーに情報開示義務=ネット中傷書き込みで初判断-最高裁(時事通信)
「仕分け人」第2弾、8議員と民間人の一部内定(読売新聞)
介護保険のQ&Aを体系的に整理―厚労省(医療介護CBニュース)
会合出席者などにもさまざまな思い 名張毒ぶどう酒事件(産経新聞)
外国人看護師候補者の受け入れ理由、「将来のテストケース」が8割超(医療介護CBニュース)
AD