神奈川県横須賀市の無職、小林章浩さん(62)とみられる遺体が見つかった殺人事件で、県警が参考人として事情聴取を予定していた男性が9日朝、東京都内のマンションの下で死亡しているのが見つかった。飛び降り自殺とみられる。

 警視庁月島署によると、9日午前6時15分ごろ、東京都中央区勝どき2のマンション(14階建て)下の路上で、男性が頭から血を流して倒れているのを通行人が見つけ、110番通報した。マンション屋上から飛び降りたらしい。遺書などは見つかっていない。

 男性は都内に住む30代の不動産会社元社員とみられる。営業で小林さん宅に出入りしていた可能性があり、県警浦賀署捜査本部が聴取のため連絡を取っていた。【中島和哉】

【関連ニュース】
横須賀男性遺体:死亡後にカード 複数回使われる
横須賀男性遺体:頭蓋内出血が死因
殺人:男性遺体に複数の切り傷や刺し傷 神奈川・横須賀
遺体発見:神奈川県横須賀の男性方で 頭部に殴られた跡
神奈川・横須賀の男性変死体:死因は頭蓋内出血

<河村名古屋市長>「けんかばかり」批判も 就任1年シンポ(毎日新聞)
<高松塚古墳>「飛鳥美人」など公開(毎日新聞)
<B型肝炎訴訟>和解協議へ 原告「1日も早く解決案示せ」(毎日新聞)
和解協議に応じるかは「決定していない」-B型肝炎訴訟で厚労相(医療介護CBニュース)
<目白シンラート>夕闇に浮かぶ特設舞台で芸術を堪能(毎日新聞)
AD