東京大学は15日、女子学生2人に性的嫌がらせ(セクハラ)をしたとして、同大の付属研究所に勤務する30代の男性准教授を論旨解雇処分としたと発表した。

 東大によると、男性准教授は平成19年、同大学院研究科に所属する女性学生に、体を触るなどのセクハラをしたほか、18年にも別の女子学生に対し、数回にわたって体を触ったり、性的な内容のメールを多数送信したという。

 19年に大学に通報があり、東大で調査を進めていた。

 同大の田中明彦副学長(コンプライアンス担当)は「本学教員としてあるまじき行為であり、許されるものではなく、厳正な処分をいたしました。大学として、厳粛に受け止め、ハラスメントの防止を含むコンプライアンス推進体制の強化にあたっていく所存です」というコメントを発表した。

【関連記事】
宮崎公立大またセクハラ 過去2例の反省生かせず
好きでたまらん!定年近い交通課長がセクハラ
成蹊大教授、セクハラとアカハラで懲戒免職 約3年間、尻や胸触る
実習生セクハラの38歳教諭、盗撮容疑で書類送検
支援者「信仰心につけこみセクハラ」 牧師が女性信者に乱暴容疑
20年後、日本はありますか?

<輿石氏宅違反転用>固定資産税は義弟負担 農地で格安課税(毎日新聞)
<気象>東日本・西日本で大雪 北日本では暴風雪に(毎日新聞)
大手町駅でテロ想定訓練、サリン事件15年(読売新聞)
矢刺さった奈良のシカ死ぬ、肺まで傷(読売新聞)
「贋作」描いた画家に無罪=「自白信用できず」-頼まれ東山作品など―岡山地裁支部(時事通信)
AD