共産党の市田忠義書記局長は22日午後、国会内で記者会見し、民主党の小沢一郎幹事長が参院選に向けての全国行脚の機会に、自身に絡む「政治とカネ」の問題を説明していく考えを示したことについて、「全国行脚は自由だが、(国会の)証人喚問や参考人質疑に出てきて、テレビ放映がある場でしゃべれば国民に分かりやすい説明ができる」と述べて批判した。

 小沢氏は21日、松江市内での記者会見で、自身の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件に関し、「全国行脚の機会に(有権者から)希望があれば答えていきたい」と語っていた。

【関連記事】
「あの人が煽動」小沢側近が“黄門”渡部氏を痛烈批判
小沢氏らの国会招致など申し入れ 衆院議長に野党4党
平野官房長官「長崎県知事選に政治とカネ影響あった」
【週末に想う】社民党に連立離脱ノススメ 小林静雄
自民が審議拒否 知事選勝利、小沢氏喚問ら求め

「都市型軽費老人ホーム」の整備補助で説明会―東京都(医療介護CBニュース)
<雑記帳>江戸時代のオランダ料理再現 岩手・一関(毎日新聞)
「お年寄り狙いやすい」ひったくり容疑で中学生逮捕(産経新聞)
高校無償化審議入り、「公私格差」が焦点に(読売新聞)
<外交文書>公開ルールを外部有識者で検討へ…岡田外相(毎日新聞)
AD