5-9(出れなくなります)

テーマ:
7/13(日)朝 雷雨後晴 気温 21°
菅生の瀧(北九州市小倉南区)

{04C1ADAF-6E6B-4CCA-9727-C1F3410C1B8C:01}
早朝は ↑こんな感じの天気でしたが 菅生の瀧に到着する頃は 晴れてきました

で 瀧の様子は ↓こんな感じ…
{B8090D9C-7960-4F14-B3A7-29A0F206BA96:01}

導師と先達が神様をお呼びして瀧行中
向かって左側中央に先達がいます。
{B6A17C4B-C3A7-4684-92C7-66E0687F1B01:01}

瀧行を終え導師が神様をお戻しする.
丁度 しめ縄の辺りから水が暴れ始める
{657DD687-965F-48AB-90E4-1984957B4E88:01}

以上。





と言う訳には いきませんね。


お茶   では。

いつもなら 手前で川を渡り 川の向こう岸に行くのですが

「今日は 流されるから橋を渡りなさい。」と導師。ほう。

いつも点けるロウソクも線香も 風と水飛沫で消えるから無し。え?ガーン

そんなに 凄いんだ…

「持って行くのは 塩だけ。」by 導師.

へい。

この日は 瀧行 初体験の女性が2名。叫び
よりによって こんなに荒れた菅生の瀧

瀧行が 怖いとか 嫌いとか なっちゃうと悲しいな…しょぼん

所が ちゃんと 瀧壺の傍まで岩壁を登っていらっしゃいました。ニコニコ

凄~い!!合格

しかも 瀧の直ぐ近くに立ち波

立派に瀧行されました!アップアップ

若く美しい女性が瀧にいらっしゃる姿は 本当に綺麗です。キラキラ

龍神様も 瀧の水量を加減して下さり 少しは 瀧行した満足を得られる様に

時折 パシャン と頭に水をかけて下さったりしました。

そのうちの お一人に瀧行中の様子をインタビュー。

「寒くなったり 温かい空気に包まれたりしたのが 不思議でした。」

うんうん 温かい空気は 神様ですね.

寒くなった時に タイミング良く温めて 下さいます。

「へぇー、そうなんですね。」

「温かさに気付く所が凄いですね.」とUR先達。

確かに。末恐ろしい…

「瀧行した後って とても 気持ち良いですね。スッキリしました。」ニコニコ

以上、現場からでした。映画


さて 私の番です。

水量が多く 勢いも強く 何しろ 直ぐ近くに行っても 瀧壺が見えません。

寧ろ 瀧壺から水が うねり こちら側に飛び出してきます。

あ、少し穴の様に道が見えました。

倶利伽羅不動明王様がいらっしゃれば 多分  瀧壺に入れるんです。

その為に 倶…居ないし!

UR先達を振り返ると

「(入れても)出て来れなくなります。」と 話されました。

そうか。入れる自信も無いけど 出て来れなくなると それもマズイなぁ。

先程の初心者の方より 一歩 瀧壺に近付いて…

わー!

左腕に 水がどーんと乗ってきます。

クッ…あ そうか。力を抜かなきゃ。

それでも 左腕が叩かれます。

足元に 瀧壺からの うねりが 
どぅっ!と 来ます。

あ、足が払われそう~あせる

きゃー 怖い~(実は そうでもなく…)

目の前は 白い水の壁…かと思えば 遠くにザブザブと川の表面が見えます.

そう言えば 朝から 倶利伽羅不動明王様がどこにいらっしゃるか

わからないのです。

まぁ ジッとしてらっしゃる方でも無いので 

一時的に 傍に居て下さっただけでも ありがたいことです。


水飛沫の中 祝詞の後 印を組みます。

導師の様に 柔らかく 滑らかに。

それぞれの 神様にお礼をしながら…




なんて 出来ません!必死です!あせる



お茶 っと 今 こうして ブログを書いているので お分かりの様に

無事に 生還させて頂きました。

UR先達は 入るつもりもあったそうです.

でも この度は 取り敢えず 控えられた様です。

では そのUR先達のお姿を。
{B0C8AF16-D7E8-4985-A74D-2C55980ABA21:01}
肖像権の関係で UR先達から クレームがあれば 削除します。

神様にお帰り頂いた後↓
落ちて来る水の形が荒々しくなる.
{1533FB25-1F26-46EE-B297-E68E35564636:01}

お茶 皆様、御機嫌よう。
また、明日。
AD