酔芙蓉つれづれ日記

ブログの説明を入力します。

NEW !
テーマ:

春の木 4月27日(木)

 

いつまでも、肌寒いですね。

 

今日は、所用があって泉北に行きました。

光はこんなに暖かそうなのに、結構震えていました。

 

 

 

こんな瑞々しい緑、久しぶりに見たような気がします。

 

泉北はほんとに緑が多くて、癒されます。

緑に囲まれたここでの生活も人間らしくて、いいな。

ぐずぐずと、やっぱりなかなか決心がつきません。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

春の木 4月23日(日)

 

マンション この週末は、家探しに行きました。

 

来年から、つまりオットットさんが本格的に退職してから、どこでどんな暮らしを選択するのか、

まだまだしっかりしたプランができていません。

はっきり言えば、迷っている最中なのですが、とにかく動き始めることにしました。

その中で、情報も得られ、自分たちの考えも決まってくるのかもしれません。

 

それにしても、ああでもないこうでもない、と迷うことばかりです。

考えてみれば、若いころは決断が速かったです。

何回か不動産を購入した経験がありますが、いずれも30歳代前半から40歳代前半のころです。

結構、即決でした。

結果的にそれが良かったとも思いませんが、あのころは、失敗しても取り返せるという

無謀な自信があったのでしょうね。

今は、もう絶対に失敗できないという気持ちがあって、それが、決断を遅らせているのだと思います。

疲れました。

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

春の木 4月20日(木)

 

最近、また「スピッツ」を聞いています。

 

20年ほど前、大ファンでした。

「ロビンソン」、「チェリー」、「空も飛べるはず」などの楽曲で大ブレイクしたころです。

 

 

ハチミツ ハチミツ
2,571円
Amazon

 

「ハチミツ」。すばらしいアルバムです。

すり切れるほど(CDって、すりきれるのかどうかわかりませんが)

毎日聞いていました。大好きでした。

コンサートにも何回か、足を運んだことがあります。

もちろん、ファンクラブにもはいっていました。

そうでないと、チケット取れませんからね。

 

魅力は、やはり草野正宗さんの作る詞とその世界観、

そして、透明感のある声質に尽きると思います。

すばらしいフレーズに出会ったとき、

マサムネくんは、天才だぁ~!って、叫びたくなることあります。

それと、ロックなのに、メンバーのちょっとダサめな普通の人っぽいところもいいです。

けっして、カッコよくないところ、ちょっといじけたネガティヴな感じ。

めちゃめちゃ共感できます。

 

そんな「スピッツ」でしたが、いつの間にかあんまり聞かなくなりました。

 

 

スーベニア スーベニア
3,146円
Amazon

 

これが、最後に買ったアルバムです。

 

ところが、最近、ちょっとしたことがきっかけで、また、聞くようになりました。

やっぱり、いいですね。

20年近く経っているはずなのに、色あせていません。

この普遍性って、何なんでしょう。

きっと、時流に乗ってぱあっと花開いた音楽ではないのですね。

やっぱり、マサムネさん、最高!です。

 

今のお気に入りは、「春の歌」です。

 

昼は、朝日カルチャー大阪で「高句麗史」の講義でした。

 

夜は、すし酒場「平島」へ行きました。

今年の3月7日に開店したお店です。ごくごく近所のお店です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

春の木  4月19日(水)

 

今日は、このまま一気に夏に突入するの?というくらいの日差しと陽気でした。

 

中国茶のお稽古でした。

先月は、急な用事ができて休んでしまったので、2か月ぶりです。

 

今月も引き続き、先生が旅して来られた広西チワン族自治区のお茶を紹介していただきました。

六堡茶。カテゴリーは黒茶。梧州六堡村で作られているお茶です。

 

 

右側の茶葉が、自生している野生の茶葉です。

左側が、野生の茶葉から接ぎ木して栽培されたもの。大地茶と呼ばれます。

栽培されたとは言っても、ほとんど農薬も使わないしほったらかしで、たくましく育てるそうです。

 

比較的気温が低く肥沃な土壌に恵まれたこの地域で、

育つ茶樹は、茶葉が大きくやわらかいです。

また、この地域でしか見られない金花黴というカビの作用により熟成された六堡茶は、

薬理効果が強いのだそうです。

 

 

先生が向こうで買ってこられた本の写真を写させていただきました。

金粉のように見えるのが、金花黴です。

 

また、茶花の花茶もいただきました。

 

 

秋になると、お茶の木には白い花が咲きます。

それを乾燥させたものです。

左側が野生。右側が接ぎ木した大地茶です。

野生の茶花のほうが、花が大きく香りが複雑でした。

大地茶のほうが、香りが甘かったです。

なので、わたしは、香りの甘い方が野生だと思ったのですが、ちがっていました。

 

 

花茶は、開いていく花びらを見たいので、ガラスの蓋碗で淹れていただきました。

 

 

六堡茶の茶葉は、くずしてしまわないように大きい茶葉のまま、ゆっくり茶壺に入れていきます。

茶葉がけっこう固くてなかなか入れづらかったです。がんばりました。

 

 

点心は、春巻き。

上の春巻きの具は、まいたけ、マッシュルーム、エリンギ。きのこづくしです。

下の春巻きの具は、鶏肉ときゅうり。

えーっ、きゅうり? と思われるかもしれません。

ハイ、きゅうりです。

鶏肉を入れずに、きゅうりと生姜だけでもおいしい、と先生はおっしゃいました。

確かに、中国では、きゅうりをよく炒め物などの中に入れて、

加熱して使うことがあたりまえにあります。

 

 

 

お茶うけは、グァバ。

広西で買ってこられたハチミツとお砂糖とで、台湾のドライグァバを蜜煮にしています。

 

 

毎度のことですが、先生のセンスとお茶への情熱に感服の半日でした。

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

春 4月18日(火)

 

京都に引っ越して来て、5度目の春を迎えています。

早いものですね。

来年はどうしようか、まだはっきりとしたことは決めていませんが、

この地を離れがたい気持ちは強いです。

 
 
桜の木も、ピンク色よりは、瑞々しい緑の葉が目立つようになってきています。
 
 
鴨川べりの風景です。
床の準備が始まっています。
もう、来月からなんですね。
5月といっても、夜はまだちょっと冷えるんじゃないかな。
 
 
今日は、韓国語と中国語のレッスンでした。
ほんの少しずつゆっくり進めています。
 

 

 

吉橋通夫著 「はっけよい! 雷電」を読みました。

現代の子どもが、江戸時代にタイムスリップするお話です。

とんぼ先生が、わたしには参考になるだろうとおっしゃって勧めてくださいました。

 

雷電は実在の人物。

お相撲に特に興味のないわたしでさえも、名前を聞いたことあるなと思うくらいの有名な力士です。

生涯、10敗しかしたことがないそうです。すごすぎ!

その実在の人物と創作上の人物とを、どう組み合わせるか。

歴史は変えることができないし、その上で物語の整合性を作るのは、むずかしいのです。

 

物語の細部のリアリティにこだわっているところがすごいな、と思いました。

たとえば、トイレの場面、食事の風景など。

細部の描写を大事にしないと、物語は生きてこないと思いました。

 

 
 
 
 
 

 

 
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

春 4月10日(月)

 

昨日は、「三国史記を読む会」の例会日でした。

 

今読んでいるのは、「職官」という部分です。

お役所の名まえや、官職についての記述です。

はっきり言って、地味ぃ~な部分です! くそ面白くもないところ。

にもかかわらず、不思議なことに最近のわたしは、授業中、居眠りをしていません。

(それって、わざわざ自慢すること?…… ではないですよね。ハイ)

 

中国の周辺や朝鮮の歴史について、勉強をしようと決心してから、1年半になります。

正直に白状しますが、

最初のころは全然意味がわからなくて、気が付いたら居眠りをしていた、なんてことが、

よくありました。

でも、最近はお昼を食べた後であっても、不思議に眠くないんです。

少しずつですが、わかるようになってきたんだと思います。

継続は、力なり!ですね。

 

今日は曇りの日。

今年は、桜をあんまり見ていないと思いました。

昼過ぎから、鴨川の周辺を歩いてきました。

平日なのに、人が多かったです。

 

 

いろんな意味で、最近さぼりぎみ。

ちゃんと頑張らなくては。

ちょっと、力がわいてきた気がします。がんばれそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

4月7日(金)

 
今日は、ぽにょ太の入学式でした。
昨日、お祝いのつもりで、のんの家に行きました。
大阪で高句麗史の勉強があったので、そんなに早くは行けなかったのですが、夕方、
ケーキを買って行って、晩ごはんの仕度をしながら、のんたちの帰りを待ちました。
晩ごはんを作って待っている、のんにとっては、それが一番のプレゼントになる、と思いました。
 
小学校に上がれば、共働き家庭のためには学童保育があります。
しかし、春休み夏休みのような長期の休みのときには、保育園ほど早い時間からは預かってはいただけないし、給食がない日は、忙しい朝におべんとうを作るのも結構たいへんです。
下に子供がいれば、保育園と学童と送迎が二重になるのも、意外に負担です。
また、子どもがもう少し大きくなればなったで、学校生活がうまく送れているかどうか、
そんなことにも気を配ってあげなければなりません。
子どものいる女性が仕事を続けられるかどうかは、保育園時代も大変なのですが、
これからがほんとうの正念場になるのかもしれません。
 
panda. 中国の旅行から帰ってきて1週間。
時間ばかりが、空しく過ぎていくようで、ぼんやりしています。
やらないといけないことは、山ほどあるのですが、何から手を着けていいのか、パニックになっています。
段取りをうまく調整することが、次第に苦手になりつつあります。
これって、歳をとったせいでは片づけられない、若干やばい現象かもしれません。
 
まあ、こういうときは、とりあえず、本でも読んでみる。
少なくとも時間を無駄にしなくてすみます。
というわけで、原田マハ著「翔ぶ少女」を読みました。

 

翔ぶ少女 翔ぶ少女
 
Amazon

 

阪神淡路大震災で両親をなくした少女の物語です。

 

そのあと、東潮著「高句麗壁画と東アジア」を読みました。

否、正確には読もうとしました。

先月末の旅行で、講師として同行してくださった先生のご著書です。

古墳の方位についてのわたしの質問にほんとうに親切に答えてくださって、

その折に紹介された本なのです。

でも、だめでした。

わたしには、難解過ぎて、こういう落ち込んでいるときに読もうとすると、

ますます泥沼にはまりこんでいくようです。

先生には申し訳ないのですが、精神が元気なときに、また改めて繙いてみたいとみたいと思いました。

 

 

 

 

 
 
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

3月31日(金)

 

西安・洛陽の旅から帰って来ました。

 

いつものことながら、旅行中は自分の勉強不足・体力不足を痛いほどに感じます。

同行者の方々の「知」に対する飽くなき欲求とエネルギーに刺激されて、

今回も帰って来ました。

もっと、がんばらなくっちゃ! みんなに置いてかれてしまう。

 

 

順陵。武則天のおかあさんのお墓です。

 

 

順陵の前の石人。

 

 

百済を滅ぼした唐側の将軍「蘇定方」の兜・帯金具・剣です。

この3点セットは、本物。

 

 

唐の2代目、太宗のお墓です。

 

 

前に見える山が、乾陵。

高宗とあのこわ~いおばさん武則天の合葬墓です。

不思議なことにドラマの武則天は、

曲がったことの嫌いな活発な、しかも思いやりのある女性として描かれていました。

もちろん、めっちゃ美人さんです。

まだ、途中までしか見ていないので、わかりませんが、

これからどんどんこわくなっていくのでしょうか。

 

 

章懐太子の墓の鎮墓獣。

章懐太子は、母親の武則天に殺されたと言われています。

わたしには、out of 理解です。

(それにしても、写真ボケてますね)

 

 

金可記の道観です。上から見た写真。

金可記は、唐に留学した新羅人です。

唐で、科挙に合格したエリート中のエリートですが、官僚にならずに、

道教の世界に入りました。

ここは、その金可記が昇天したところです。

因みに、当時の科挙には、外国人枠があり、

日本の阿倍仲麻呂もその枠で合格したそうです。

 

 

 

 

西安から高速鉄道に乗って、洛陽へ行きました。

龍門石窟です。この伊河の両岸に石窟が彫られています。

柳の木が、中国らしい。

 

西安は、何度か行ったことがありますが、洛陽は初めてです。

西安の歴史が2000年だとしたら、洛陽は、更に古く4000年の歴史をたどれる町です。

墓ばかりで、牛の寝る場もないと言われているそうです。

 

 

最終日は、河南省の省都 鄭州に泊まりました。

さすがに大都会。空気が濁っています。

 

朝、先生に鄭州商城に連れて行っていただきました。

商、日本では殷と言われている国です。

写真はその城壁あとです。

 

 

おまけ。

お気に入りのヒキガエルちゃん。

 

それにしても、日本に帰ってきて、寒いのにびっくりしました。

雨が降っていたせいかもしれません。

旅行中 西安では、晴天とめずらしく青い空に恵まれて快適でした。

洛陽・鄭州では、曇りのせいか大気が汚れているせいかわかりませんが、

どんよりしていました。

 

これから、時間をかけて、資料と写真を比べて復習していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

春 3月24日(金)

 

昨日ものんの家のお手伝いに行きました。

主に食事の世話をしていたのですが、他人の家の台所って使いにくいですね。

たとい、自分の娘であっても……です。

 

だいたいうちの娘たちは、ふたりとも18歳でさっさと家を出て行ってしまったので、

家の仕事のやり方を母親(わたしのことです)から受け継ぐということをしていません。

試行錯誤しながら、自分なりに生活のスタイルを確立していったようで、

それはそれでまあご立派だとは思いますが・・・・・・

わたしは、何だか、とってもつかれてしまいました。

 

でも、まあ、なんだかんだ言っても、のんの体調が良くなったのは幸いです。

来週から職場に復帰できるそうです。

そして、わたしは、一時は、キャンセルも仕方ないかなと思った旅行に

無事出発できそうです。  四葉のクローバーヤッター!

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

春 3月23日(木)

 

あたたかくなったかと思うと、また寒くなったり、でも、着実に春に近づいています。

3月もいつの間にかもう下旬。今月は、怠け者だったかなとちょっと反省しています。

 

一昨日、昨日と続けて、のんの家に行きました。

あんまり優秀ではないですが、のんが気を使わないという意味では最高の家政婦です。

 

下のぴょこ太が、どんどん面白くなっています。3歳。最高です。

上のぽにょ太は、この4月から小学生。

しばらく見ないうちに、すっかりおにいちゃんになっていました。

因みに将来の夢は「たこ焼き屋さん」。

おにいちゃんリスペクトのぴょこ太の夢も、もちろん「たこ焼き屋さん」です。

将来は、ふたりでたこ焼きのお店を開くのかな。

 

明後日から、また、しばらく家を留守にします。

まだまだ、準備ができていません。焦る~汗

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。