大手企業などのホームページが改ざんされ、閲覧者のパソコンが新種のコンピューターウイルス「ガンブラー」に感染する被害が相次いでいる問題で、警視庁ハイテク犯罪対策総合センターは23日、国際刑事警察機構(ICPO)を通じ、サーバーが利用されたフランスやオランダなど欧州5カ国に捜査協力を要請した。
 何者かが不正に取得したIDやパスワードで改ざんし、ウイルスが埋め込まれた海外サイトに誘導したとみられ、同センターが不正アクセス禁止法違反容疑で捜査している。 

【関連ニュース】
アウトドア大手の顧客情報流出=中国から不正アクセスか
ホリプロ元契約社員逮捕=芸能人ブログ不正侵入容疑-445人分のIDなど流出
小糸工業が役員処分=航空機座席の耐火試験ねつ造で
債務超過状態で購入勧誘=帳簿改ざん、運転資金に充当
A380型機受け取り遅延=小糸工業問題で

<DNA誤登録>採取時、記名せず…神奈川県警(毎日新聞)
小林議員への辞職勧告決議案検討 自民大島幹事長(産経新聞)
<国分寺死体遺棄>監禁容疑で男6人逮捕(毎日新聞)
検知管すり替え、警部補が呼気検査ミス隠し(読売新聞)
会議欠席に批判噴出=生方氏「出る必要ない」-民主(時事通信)
AD