日本列島は10日、低気圧が発達しながら関東沖から三陸沖へ北上した影響で、全国的に風が強く、広い範囲で雨や雪が降った。気象庁によると、低気圧はさらに発達しながら北海道の東海上へ進む見込み。北海道と東北では11日も暴風や大雪、高波に警戒が必要という。
 荒天により、10日午後6時時点で、全日空が54便、日本航空が40便欠航。JRは東海道・山陽新幹線や東北新幹線などに遅れや運休があった。
 11日午後6時までの24時間予想降雪量は、多い所で、北海道と北陸が40センチ、長野、群馬、岐阜各県と近畿北部、山陰地方が30センチ。
 11日明け方までの予想最大風速は、海上が20~25メートル、陸上が15~20メートル。 

「レスしなきゃ」疲労感 たまに「休ネット日」を(産経新聞)
柔道整復療養費、請求方法の統一などを提言―国保中央会(医療介護CBニュース)
<運転終了>特急「北陸」と急行「能登」 上野駅でファン惜別(毎日新聞)
<道アイヌ協会>不適切会計処理 虚偽出張旅費支出か /北海道(毎日新聞)
<東京大学>合格発表…前期日程入試、平均倍率3.19倍(毎日新聞)
AD