原爆症の認定申請を却下された被爆者が国を相手取り、却下処分の取り消しなどを求めた原爆症認定集団訴訟(東京訴訟)の上告審で、最高裁第2小法廷(須藤正彦裁判長)は、2審でただ1人、原爆症と認められなかった要石謙次さん(84)の上告を棄却する決定をした。

 決定は19日付。要石さんの敗訴が確定した。

 2審・東京高裁は2009年5月、国から原爆症と認定されなかった原告10人のうち、9人を原爆症と認定し、処分を取り消す判決を言い渡したが、要石さんについては、広島市を訪れたのが原爆投下から12日後の1945年8月18日だったことなどから「被爆の程度は低い」と判断していた。

スーパー入り口に2乳児遺体=凍結状態、ポリ袋に-愛知(時事通信)
石原知事、高橋の銅メダル「まあ、銅から始めようだな」(産経新聞)
団体元代表に懲役1年6月求刑=郵便不正事件-大阪地裁(時事通信)
政調復活せず、政策会議活性化へ=副長官、副幹事長が一致-民主(時事通信)
「検察の裏金」調査する=行政評価使い、けん制球? -原口総務相(時事通信)
AD