金融庁は10日、日本振興銀行(東京都)が同庁の立ち入り検査を妨害したとして、銀行法違反(検査忌避)容疑で近く刑事告発する方針を固めた。同庁は5月27日、振興銀に6月7日から4カ月間の一部業務停止を命令。刑事告発について司法当局と協議していた。

 検査忌避での刑事告発は、総会屋への融資関連の資料を大蔵省(当時)検査で隠したとして97年に告発された第一勧業銀行(同)や、金融庁検査に資料を隠したとして04年に告発されたUFJ銀行(同)の例がある。

 金融庁が昨年6月~今年3月、振興銀を立ち入り検査した際、振興銀幹部が業務メールを意図的に削除するなど、検査を妨害した疑いが持たれている。上限金利を定める出資法に違反する疑いのある取引に関するメールが削除されたことを重視し、刑事告発が相当と判断したもようだ。

 振興銀は04年、中小企業融資専門銀行として開業したが、10年3月期決算は51億円の最終赤字を計上。経営を主導してきた木村剛氏は、5月10日に会長を引責辞任した。

【関連ニュース】
投資ファンド:悪質横行…証券監視委の検査追いつかず
金融庁:日本振興銀行を行政処分へ 出資法違反の疑い
日本振興銀行:立て直し迷走 特別調査委、全委員が辞任
日本振興銀行:一部業務、9月末まで停止 金融庁命令
亀井担当相:振興銀への業務停止命令 「誠実に実行を」

<WWF>「パンダボール」でサッカーを 途上国の医療支援にも(毎日新聞)
武蔵大学で採点ミス 5人が追加合格(産経新聞)
首相の所信表明演説、11日を提案…与党(読売新聞)
<雑記帳>「生マグロカレーずし」で勝負だ!(毎日新聞)
<話題>「にしん御殿」に「ボタン」花盛り 小樽(毎日新聞)
AD
 2日午後2時40分ごろ、横浜市中区太田町1の関内川島ビル9階「横浜みらい法律事務所」の女性事務員から、「男が刃物を持ってけんかしている」と110番があった。駆けつけた神奈川県警加賀町署員が、事務所に所属する弁護士の前野義広さん(42)=同区蓬莱町3=が血を流して倒れているのを発見。胸や腹を刺されており、病院に運ばれたが同4時ごろ死亡した。同署は殺人事件とみて逃げた男の行方を捜している。

 同署によると、前野さんは床に倒れ、近くには凶器とみられる血の付いたサバイバルナイフのような刃物が落ちていたという。逃げた男は年齢30歳くらいで身長約170センチ、白いTシャツに黒のTシャツを重ね着し、ベージュのズボン姿。手袋をして、黒いリュックサックを背負っていた。

 現場はJR根岸線関内駅から北東へ約500メートルのオフィス街。【吉住遊、中島和哉】

<火災>住宅1室全焼、女性死亡 大阪・高槻(毎日新聞)
「アクセス増楽しかった」無届けで出会い系サイト 容疑の男逮捕(産経新聞)
民主党両院議員総会、「鳩山後継」選出へ(読売新聞)
菅代表就任で真紀子節“炸裂”「選挙管理内閣だから」(産経新聞)
ローソン子会社不正経理 恐れ知らぬ幼稚な成功者(産経新聞)