神戸市立王子動物園(神戸市灘区)で飼育中の2頭のジャイアントパンダについて、同市が借り入れ先の中国と交渉し、9日にも5年間の期間延長で合意する見通しであることが分かった。現在、中国側に年間50万ドルを寄付することなどで最終協議に入っているという。

 矢田立郎市長が明らかにした。同園は、中国と共同飼育繁殖研究を行うとの目的で平成12年からパンダを借り入れており、現在はオスの興興(コウコウ、14歳)とメスの旦旦(タンタン、14歳)の2頭を飼育。7月いっぱいで研究期間が満了する予定だった。

 借り入れは、阪神大震災で被災した神戸市民を元気づけたいとの目的もあり、多くの来場者を喜ばせた。一方、2頭の間では自然交配や人工授精が行われ、20年8月に出産したものの、赤ちゃんは数日で死亡しており、矢田市長は「2世の誕生を心待ちにしている」と話した。

【関連記事】
期待がかかるパンダの“実子”誕生 石原知事「5万ドル値切った」
大阪空港から中国に 和歌山パンダ「幸浜」、繁殖へ出発
中国「動物保護法」 動物より人間保護を
パンダは絶滅させればいい 英動物学者
動物園内も安心できない…中国でパンダ密猟続出

枝野民主党幹事長、野田財務相が固まる(産経新聞)
米大統領と電話会談へ=菅新首相(時事通信)
有料老人ホームなども検討へ-介護職員の医療行為(医療介護CBニュース)
偽一万円札使用容疑で男逮捕=7都県で153枚発見―警視庁など(時事通信)
7月17日から新免許証、裏側に臓器移植欄(読売新聞)
AD