ひきの号

テーマ:
福岡 - 北九州線(ふくおかきたきゅうしゅうせん)は西日本鉄道が福岡県福岡市中心部と福岡県北九州市中心部の間で運行する高速バス路線。かつては「福北ライン」の呼称で呼ばれていたこともある。現在は、西鉄天神バスセンターと砂津バスセンターの間に以下の系統が運行されている(各系統とも西鉄高速バスに管理委託されている)。詳細は各節を参照。なかたに号 - 九州自動車道小倉南インター・中谷経由ひきの号 - 都市高速4号線黒崎インター・引野口経由いとうづ号 - 都市高速4号線大谷ランプ・到津の森公園前経由国土交通省九州運輸局の統計[1]によると、「福岡 - 北九州」路線(6系統)合計の輸送人員は、平成18年度で2,558,882人、平成19年度で2,533,510人であり、一日あたり6,900-7,000人の乗車があるという。また、九州の高速バスの路線内での輸送人員順位としては「福岡 - 北九州」路線を単位として平成18,19年度ともに1位であり、運送収入では平成18,19年度ともに3位となっている。各系統とも西鉄バスカード・よかネットカード・nimocaが利用できる。なかたに号 西工B型ボディの車両 1997年まで採用された「福北ライン」塗装のハイデッカーなかたに号(なかたにごう)は、福岡市内と北九州市小倉北区・小倉南区を九州自動車道小倉南IC経由で結ぶ路線。方向幕の表示の地色は緑色。福岡-小倉線の高速バス3系統の中でもっとも利用客は多い。小倉行きは小倉地区の南部にある小倉南インターチェンジから一般道へ入り、国道322号を北上して小倉地区北部の都心部へ向かうルートである。愛称の「なかたに」は、小倉南インターチェンジ近くにある中谷バス営業所に由来する。また、小倉競馬場前にバス停があるため、競馬開催時には福岡方面からの利用も多い。かつては高速道路上のバス停を通過することで種別は「ノンストップ」とされ、各停のひきの号と区別されていたが、1998年4月23日のダイヤ改正でひきの号と同様、高速道路上のバス停に停車するようになり、「ノンストップ」の呼称が外された。また以前は天神バスセンター24:20発の深夜バス「なかたに」があったが、乗客減のため、現在は引野口経由の深夜バスひきの号に変更されている。歴史1980年3月8日 「ノンストップひびき」を「スーパーノンストップひびき」と改称し、経路変

<首都圏連続不審死>焼死の夜、180万円下ろす 木嶋被告(毎日新聞)
居酒屋に猟銃夫 妻の母ら2人射殺し自殺(スポーツ報知)
民家火災で2人死亡=高齢の夫妻か-北海道(時事通信)
不明男性強殺容疑で5人再逮捕=住宅代支払いでトラブル-千葉県警(時事通信)
日航「運航継続」を強調=外国報道陣と会見-前原国交相(時事通信)
AD