宮崎県発注の測量設計業務をめぐる官製談合・汚職事件で、事前収賄、第三者供賄、競売入札妨害の罪に問われ、二審福岡高裁宮崎支部で控訴を棄却され、懲役3年6月追徴金2000万円とされた前知事安藤忠恕被告(69)側は16日、判決を不服として最高裁に上告した。 

【関連ニュース】
安藤前知事、二審も実刑=宮崎談合・汚職事件
談合で4社指名停止=国交省
玉東町課長補佐、収賄で再逮捕=見返りに自宅車庫つくらす
空自談合の企業と契約=学力テスト採点業務
「前政権のうみ出し切る」=官製談合指摘で政務官-6社を指名停止・防衛省

1億円の無償資金協力を政府決定 中国地震(産経新聞)
事業仕分け 支持率低下で政権浮揚の頼みの綱に(毎日新聞)
首相動静(4月14日)(時事通信)
住商、JCOMの筆頭株主に(産経新聞)
天皇陛下から「おめでとう」真央、緊張のち笑顔(読売新聞)
AD