国土交通省道路局で、高速道路施策を担当する有料道路課が、4月1日から名前を「高速道路課」に変更した。

[写真:高速道路料金所]

同課は道路法の高速道路のほかに、一般有料道路の施策も担当する。そのため有料道路課と名づけられたが、民主党政権下の高速道路無料化推進で「ウエイトとして、必ずしも有料でなくなってきつつもある」(同課担当者)と、課名変更に踏み切った。

同課は、高速道路施策としてその料金体系やETCを推進した担当課である。課員は約30人。名前の変更だけで、所掌事務に変わりはない。

ちなみに名称の変更は、昨年夏頃から課内で考えられてきたもので「大臣に指示されたわけではない」という。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
高速道路上限割引 来週にも正式発表
民主党ITS議連会長に高木義明氏
高速道路無料化 とまどう高速道路会社
高速道路 無料化 特別編集
国土交通省 特別編集

手配写真を更新=日本赤軍メンバー-警察庁(時事通信)
<事業仕分け>当選1回の衆参議員95人が「調査員」に(毎日新聞)
空自がメーカーに談合方法指南? 公取委が官製談合を認定(産経新聞)
平野長官と沖縄知事会談、普天間政府案を伝達(読売新聞)
事業仕分け補佐役、民主1年生議員から公募(読売新聞)
AD