農産物産直市場とレストラン、洋菓子工房を併設し、地産地消の拠点を目指す食の複合施設「桃源村」が15日、島根県出雲市矢野町の出雲ドーム前にオープンする。

 同市の農業生産法人「桃源」(石川寿樹代表)が運営。産直市場(300平方メートル)は、会員320人が出荷した野菜、果物のほか、瀬戸内のはちみつや北海道の海産物などを販売する。

 奥出雲地方の酒蔵のはりなどの木材を生かしたレストラン(110平方メートル)では、元ホテルオークラのシェフ、大橋康之料理長らスタッフ6人が、トマトやイチジク、日本海の魚など旬の味を売りにランチやコース料理などを提供する。

 洋菓子工房(55平方メートル)は米粉を使ったバウムクーヘンを中心に販売する。

 3店舗合計で、初年度に約1億5千万円の売り上げを見込む。

【関連記事】
新たな特産品へ オリーブ牛の初出荷 小豆島
「幕末維新村」オープン 山口・下関
大茶会で日本文化を堪能 松山城の庭園
住雲寺のフジ見ごろ 鳥取県大山町
鳥取の行楽地は大盛況 GW記録更新
少子化を止めろ!

口蹄疫 鳩山首相、防疫徹底を指示 政府対策本部が初会合(毎日新聞)
15日に電話相談窓口=B型肝炎訴訟の弁護団(時事通信)
福島、亀井氏に説明を=外相が首相に助言-普天間(時事通信)
郵政法案、18日審議入り=自民は反発(時事通信)
<電動立ち乗り二輪車>「セグウェイ」で東京湾岸を散歩(毎日新聞)
AD