自民党の大島理森幹事長は2日午前、若林正俊元農水相が参院本会議で隣席の青木幹雄前参院議員会長の投票ボタンを押し、議員辞職したことについて「政治の信頼、道義感が問われているときであり、こういう処置は当然。残念だ」と述べた。党本部で記者団に語った。

  [フォト]青木氏の机に手を伸ばす若林氏

 大島氏によると、1日午後、尾辻秀久参院議員会長が谷垣禎一総裁と面会し、一連の経緯を報告。尾辻氏は「青木氏から事情を聴いたが、投票を依頼したことはない」と述べたという。谷垣氏は「国会の権威、国会法からみて、きぜんと対応をしなければならない」と指摘し、議員辞職させるよう指示した。

【関連記事】
若林氏辞職 菅副総理「考えられない」 閣僚から批判相次ぐ
若林氏辞職「魔が差したとしかいいようがない」と陳謝会見 青木氏からの「依頼はない」
民主・山岡氏「国会史上聞いたことがない」
若林元農水相が代理投票問題の責任をとって議員辞職 
若林元農水相に懲罰動議 隣席の投票ボタン押す
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

いっそ学校は昼まで…塾通いに補助を(産経新聞)
自転車欠陥で大けが 損害賠償求め輸入元提訴(産経新聞)
警察庁長官銃撃を不起訴=東京地検(時事通信)
参院選 政府・民主党 マニフェスト策定へ実質議論を開始(毎日新聞)
<年金>訂正の申立書114件を不正処理 旧厚木事務所(毎日新聞)
AD