バンクーバー冬季五輪のスノーボード男女ハーフパイプ(HP)陣が21日、帰国した。男子で8位入賞の国母和宏選手(21)=東海大=は日本選手団の公式服装を着崩すことなく、成田空港に降り立って取材に応じ、「いろいろあったが最後まで応援してくれた人に感謝している。自分のスタイルは変えずにいきたい」と語った。

 国母選手はバンクーバー入りの際、シャツのすそを出すなどした服装の乱れが問題になった。帰国の姿は指示を受けたものだが納得しているという。ネクタイはHP陣全員が締めていなかった。

 報道陣を前に、全日本スキー連盟の林辰男競技副本部長と綿谷直樹HPチーフコーチが一連の騒動を謝罪した。【吉見裕都】

【関連ニュース】
バンクーバー五輪:スピード競技ウエア 下着透けてる?
バンクーバー五輪:「失格続き」で橋本団長が猛省求める
五輪ジャンプ:葛西が入賞、エースの存在感示す
五輪スピード:タイテルト優勝 杉森は26位 男子千五百
五輪距離:ヘルナーが優勝 成瀬は39位 男子複合

長谷川等伯展 展示作業行われる 東京国立博物館(毎日新聞)
社員100人超が申告漏れ=所得計20億円、クレディ・スイス日本法人(時事通信)
<札幌国税局>業務依頼で源泉徴収ミス 「法人」と誤認(毎日新聞)
<集団暴走>57歳が軽トラで容疑…昔暴走族だったのでつい(毎日新聞)
松島の世界遺産登録を断念、宮城県知事が表明(読売新聞)
AD