北沢俊美防衛相は20日午前の参院外交防衛委員会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題に関し「現実問題として交渉相手がいるわけで、難航することも予想される。5月いっぱいで全部片付くかどうかも想定される」と述べ、鳩山由紀夫首相が明言する「5月末決着」を疑問視した。

 ただ、北沢氏は「首相は強い決意で対処していることを再三表明している」とし、「一定の方向性をもってそれに突き進んでいく決意だ」と強調した。自民党の山本一太氏への答弁。

【関連記事】
支持率低下は「政権の約束と実行の乖離」前原国交相
大島自民幹事長「首相の態度は語るに落ちる」
危険な最新鋭輸送機…普天間継続使用で日米同盟危機
首相が普天間問題「5月決着」を改めて表明
小沢幹事長「中でごたごたは駄目」 党内の結束呼び掛け
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

中国 植樹100万本に 万里の長城周辺(毎日新聞)
新幹線 八戸-新青森駅間で試験電車停止 電気系統故障か(毎日新聞)
児童ポルノ販売容疑、男女5人逮捕=DVD8万枚を押収-広島県警(時事通信)
<もんじゅ>“関門”を乗り越えて安堵 地域振興策合意(毎日新聞)
成田空港 トランク燃える 搭載貨物仕分けエリアで(毎日新聞)
AD