広島県教育委員会のホームページ(HP)への投稿で名誉を傷つけられたとして、県高等学校教職員組合と同組合幹部が県などに損害賠償を求めた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(近藤崇晴裁判長)は県教組側の上告を退ける決定をした。県に約310万円の支払いを命じた1審判決を変更、20万円に減額した2審広島高裁判決が確定した。決定は8日付。

 1、2審判決などによると、県教委は平成11年12月~14年6月にかけて、県教委のホームページ「意見の広場」に、「ファシズム」などの言葉を使った組合批判の投稿を掲載。組合側は削除を求めたが18年まで掲載は続けられた。

 2審は1審広島地裁が名誉棄損を認めた書き込みの大半について、名誉棄損やプライバシー侵害にあたらないと判断していた。

【関連記事】
「菅さんはつぶやいていません」 菅新首相名のツイッター書き込み頻発で民主党
「無能野郎」「氏ね」中傷氾濫…2ちゃん本印税差し押さえは有効か
コガネムシにハトポッポ…“替え歌”過激内容に民主ビクビク
子供の携帯「ネット不要」が43%、保護者調査 MM総研
学校裏サイト6日間で853件 都教委調査
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

首相提案の財政健全化会議、谷垣・山口氏が拒否(読売新聞)
菅首相会見詳報(5)「奇兵隊内閣と名付けて」(産経新聞)
ウアルカイシ容疑者 東京地検が不起訴処分(毎日新聞)
宇宙ヨット 「イカロス」帆を広げる…金星に向かって飛行(毎日新聞)
新首相動静(6月8日)(時事通信)
AD