ボートレース場から遺体の腕―。9日午前9時頃、福岡市中央区の福岡競艇場内の海で、清掃中の男性が人の両腕を発見した。福岡県警では、指紋から、腕は3月6日に行方不明になっていた会社員・諸賀礼子さん(32)=同市博多区=の遺体のものと確認。3月15日に、同じ博多湾内にある能古島の海岸に胴体の一部が漂着していたのに続き、バラバラにされた遺体が見つかった。

 レース前の競艇場で、ショッキングなバラバラ遺体発見劇が起きた。

 同競艇場によると、清掃委託された業者の男性が両腕を見つけた。レース開催日の朝は船を使い、コース内外のごみなどを取り除くのが恒例で、この日の朝も男性は清掃を開始。同9時頃、競艇場の観客席「東スタンド」から北に約150メートル離れた、競艇場と外海を仕切る「遮へい壁」付近の内側の海に漂う、黒いポリ袋を発見した。

 男性はごみと思い、網ですくい回収。ところが、袋から人の手首が見えていた。驚いた男性から連絡を受け、競艇場職員が警察に通報。県警によると、両腕は肩付近から鋭利な刃物のようなもので切断され、腐敗が進んでいた。切断面以外の目立った外傷はなく、装飾品もつけていなかった。袋は何も印刷がない市販のごみ袋で、口は結ばれ、腕以外には入っていなかったという。

 遮へい壁の下は海とつながっており、県警では、潮流状況から施設外で遺棄され場内に流れ着いたとみている。

 福岡市のバラバラ殺人事件では、3月15日に下腹部から大たい部までの胴体の一部が、競艇場と同じ博多湾内の能古島の海岸に漂着しているのが見つかっていた。胴体は警察でDNA鑑定した結果、行方不明になった諸賀礼子さんの遺体と特定された。この胴体も、鋭利な刃物で切断されていた。県警は指紋を調べ、この日発見された腕も諸賀さんのものと確認した。

 競艇場は、能古島から南東に約9キロ。県警は博多湾内を中心に、遺体のほかの部分の捜索を続けていた。諸賀さんは3月6日から行方不明に。自身のネット上の書き込みから交通事故に絡むトラブルが浮上しているが、依然、未解決。遺体の残る部分の発見と、事件の全容解明が待たれる。

 【関連記事】
ボートレース 福岡競艇場 福岡県警 を調べる

米兵裁判権放棄を裏付け=外務省調査で関連文書発見(時事通信)
【健康】増える「非びらん性」胃食道逆流症 難しい診断 治療手探り(産経新聞)
「いつか3人で宇宙旅行」=山崎さんから家族に初メール(時事通信)
出産時出血で対応指針=救急指標利用し迅速判断-大野病院事件機に5学会(時事通信)
立体駐車場から車転落=男性2人心肺停止-大阪(時事通信)
AD