平野博文官房長官が12日の鹿児島県徳之島町議との会談で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関し、ヘリ部隊500人規模とその支援部隊、訓練の一部を同島に移転する案を打診していたことが13日分かった。さらに、徳之島側がこの案を受け入れれば、米軍訓練を九州各地の自衛隊基地にローテーションで移転させることを検討していることも伝えた。出席した町議が明らかにした。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~

8歳女児刺され重傷、32歳女を逮捕 大阪・東住吉(産経新聞)
政府対策本部を設置へ=首相が本部長―口蹄疫被害(時事通信)
<谷亮子さん>参院選に民主党から出馬…10日夕、表明へ(毎日新聞)
「責任能力問題なし」の鑑定結果を証拠採用 セレブ妻バラバラ控訴審結審、判決は6月22日(産経新聞)
「3800万円売り上げた」 風俗嬢とのわいせつ行為、自作DVDで販売した男逮捕(産経新聞)
AD