商工ローン大手「SFCG」(破産手続き中)の民事再生法違反事件で、巨額の資産の流出先となった関係会社のうち、債権管理会社「白虎」(大阪府箕面市)は、経営実体のないペーパーカンパニーである疑いが強いことがSFCG関係者への取材で分かった。白虎はSFCGが破綻(はたん)(09年2月)した約2カ月前に設立されており、関係者は「大島元社長らが流出させた資産の受け皿にする目的で作った会社ではないか」と指摘する。元社長の大島健伸容疑者(62)らがなりふり構わず資産隠しに走った実態が浮かんだ。

【関連記事】SFCG:元社長ら4人逮捕 資金流出の疑い 警視庁

 登記簿などによると、白虎は08年12月、東京都台東区に設立され、大島容疑者の義弟が実質的に経営する。09年10月に大阪市北区のオフィスビルに移転。さらに、同12月には大阪府箕面市にある義弟宅に移転登記された。

 白虎はSFCGの破産管財人との訴訟の中で、英国に拠点を置く投資会社傘下の不動産会社「IRE」(箕面市)の子会社で、不動産業などを営んでいると主張した。IREの代表取締役は義弟だ。

 白虎の登記簿によると、設立目的は信用調査、労働者派遣、経営コンサルティングなど23項目にわたるが、資本金はわずか10万円。だが投資会社関係者らによると、IREは台東区の6階建て雑居ビルなどでサウナやダンスホールを経営しているが、不動産業の実績はない。白虎の支店登記がされている同ビル6階の郵便受けには「白虎」の名前があるだけで、事務所はサウナ店などと共同だった。関係者によると「不動産業などの経営実体がないペーパーカンパニーだ」という。

 箕面市の義弟宅は2階建て住宅で、白虎の看板はなく、取材に応答はなかった。近くに住む男性は「社員らしき人が出入りしているのを見たことはない」と話している。【酒井祥宏、川崎桂吾、伊澤拓也】

 ◆SFCG破綻の経緯◆

78年12月 商工ファンド設立

99年7月 東証1部上場

02年11月 SFCGに社名変更

08年秋  債務者約4万人に残金一括返済を求める文書を送付

09年2月 大島健伸社長兼会長が代表権のない会長に退く人事を発表。東京地裁に民事再生法適用申請

  3月 債権の二重譲渡問題などが発覚。地裁は民事再生手続きを廃止

  4月 地裁が破産手続き開始決定

  6月 地裁が大島元社長による資産流出額を約717億円と査定

  10月 第1回債権者集会。破産管財人が届け出債権は約3兆1000億円と報告

10年3月 第2回債権者集会。破産管財人は届け出債権を約2900億円に大幅に減額したと報告

*肩書は当時

 ◇「遠くの親戚より近くのSFCG]…元社長語録

 SFCGを一代で業界トップクラスの東証1部上場企業に育て上げた大島元社長。著書からは、合理主義に徹する強烈な個性と金銭への執着心、成功を追い求めるバイタリティーが読み取れる。

            ◇

 「上司など自分が使うものだ、使われるなんてあり得ないと思っているタイプですから、結局どう転んでも社長にしかなれなかったと思います」(億万長者の教科書=共著)

 「私は国会の証人喚問の時、商工ファンドは裁判所を取り立て機関としてつかっているのではないか。不埒(ふらち)と言われました。『目ん玉売れ!』とか何とか、ヘンな言葉や乱暴な言葉を使って回収するより、裁判所に判断してもらうほうがスマートだと思うのです。なぜ非難されるのか。その点私は非常に不本意でした」(同)

 「今までは少々わけのわからないところがあった業界でも、SFCGへ行けばちゃんと一定の品質を守ったお金が借りられる、というふうにしたかったのです。事業者がお金を借りるときは『遠くの親戚(しんせき)より、近くのSFCG』というのが我々のモットーです」(同)

 「私は外国人の投資家たちにいつもこう言っています。『雨であっても雪であっても、また嵐であろうが、槍(やり)が降ろうが、とにかく私はもうけます』と」(同)

 「『自分に敵対する相手は必ず滅ぼす』くらいの気迫を持って仕事に取り組んでもらいたいものである」(眼の輝いた若者よ、機関車となれ。)

 「基本的には『会社は公器である』と私は考えている。だから自分の子供に会社を継がせようなどという気持ちはまったくない」(同)

 「回収にまつわる武勇伝はたくさんあります。ヤクザまででてきたことがあります。しかし、私はそんなことではたじろぎません。『元金を半分に負けろ』とおどされても、元金はもちろんのこと、金利もビタ一文まけませんでした」(2010ザ・パワービジネス)

【関連ニュース】
<関連記事>SFCG:元社長ら任意同行、逮捕へ 資金流出の疑い
<関連写真>再生法申請で会見した際の大島健伸氏
<関連写真>日本振興銀:木村氏、違法性認識か 債権買い取り承認
<関連写真>日本振興銀:「違法」業務で黒字化 貸出残高35倍に急増
<関連写真>「債務3兆円」なのに資産38億円 会見する破産管財人ら

小惑星探査機 「はやぶさ」カプセルは工夫満載(毎日新聞)
“女房役”仙谷官房長官 公務員改革 大言壮語の放り出し?(産経新聞)
自殺者12年連続で3万人超=実態に応じた対策提唱―政府白書(時事通信)
菅首相「ぶら下がり取材」、1日1回を提案(読売新聞)
ネットは無党派候補の“必需品”?(産経新聞)
AD
 日本人最長となる163日間の宇宙滞在を終え、国際宇宙ステーション(ISS)から地球に帰還した野口聡一宇宙飛行士(45)が9日、自宅のある米テキサス州ヒューストンで帰還後初めて会見した。

 会見は、ヒューストンと東京を衛星回線で結んで開かれた。野口さんはカメラに笑顔で右手を振り、ちゃめっ気たっぷりに約40分間会見。「川のせせらぎ、飲む水、浴びる水、流れる水のありがたさを実感する」と語る一方「明日起きたら普通に浮いているんじゃないかと思う」と「宇宙気分」が残っていることも明かした。

 野口さんは帰還した2日に専用機で米国に戻り、今は重力に慣れるためのリハビリの日々。夜は自宅に戻り、冷たいビールと手巻きずしなど、家族水いらずの一時を過ごしているという。

 野口さんは09年12月21日、ロシアのソユーズ宇宙船で打ち上げられた。ISSでは生命科学や物理学の実験などに取り組み、スケジュールの合間を縫って撮影した地球の写真やメッセージを「ツイッター」(簡易ブログ)経由で発信。世界各国の約25万人に愛読された。【山田大輔、ヒューストン(米テキサス州)吉富裕倫】

【関連ニュース】
野口宇宙飛行士:「まずは風呂」 元気に帰還
野口宇宙飛行士:無事生還に後輩たち大喜び 母校の斑鳩小
野口宇宙飛行士:無事帰還 滞在163日、通算日本人最長
野口宇宙飛行士:ソユーズ午後帰還へ ISS長期滞在から
野口聡一飛行士:ISSで会見 「あと2~3カ月大丈夫」

「後ろ指さされないように」=政治とカネ、閣僚が持論―小沢氏意識した発言も(時事通信)
無届けでネット掲示板=容疑の32歳男逮捕―警視庁(時事通信)
教員の資質向上策を諮問 川端文科相(産経新聞)
薬局チェーンに強盗90万円奪う 奈良・大淀(産経新聞)
嵐の二宮さん、自転車と衝突事故=交差点で、女性軽傷―警視庁(時事通信)
 福岡県大牟田市本町3の旅館「南風荘」の客室で経営者の江崎京子さん(79)の遺体が見つかった事件があり、県警は29日、江崎さんの死因は首を圧迫されたことによる窒息死と発表した。県警は殺人事件と断定し、大牟田署に捜査本部を設置した。

 県警などによると、28日午前10時45分ごろ、江崎さんの孫娘が2階の客室のベッドにあおむけで寝ている江崎さんを見つけた。江崎さんは体の上から布団がかけられ、既に心肺が停止した状態だった。司法解剖の結果、首に布など幅のあるひもで絞められたような跡が見つかった。死亡推定時刻は同日午前10時ごろだった。

 江崎さんは旅館兼住居に夫と娘、孫2人と5人暮らし。遺体が見つかった部屋には26日から男が宿泊しており、遺体が発見される直前にチェックアウトしていた。男は旅館から南東に約200メートル離れた西鉄大牟田駅方面に向かう姿が目撃されている。

 県警は男が何らかの事情を知っている可能性もあるとみて行方を追っている。

 男は30~40歳で身長約170センチ。黒縁メガネをかけ、肩掛けのボストンバッグを持っていた。男は「大阪に帰る」と話していたという情報もある。【島田信幸】

種牛処分「法律に沿ってやる」=ワクチン接種きょう終了―農水相(時事通信)
<雑記帳>新社会人「年功序列」希望が4割以上 ネット調査(毎日新聞)
「男性切られた」と110番=被害者死亡、殺人未遂で男逮捕―大阪府警(時事通信)
衝突の瞬間「ガツッ」 叫ぶ乗組員 SS元船長初公判ライブ(産経新聞)
リバーシブルなミニカー? バンダイ「VooV」登場