メキシコの約7200万年前(白亜紀後期)の地層から、草食恐竜の角竜類の頭骨化石が見つかり、新属新種に分類された。角の長さは最大約1.2メートルとみられ、角竜類を代表するトリケラトプスより大きかった可能性があるという。米ユタ大学自然史博物館などの研究チームが29日発表した。
 この化石は、発見地のコアウイラ州や大きな角を意味する言葉から、「コアウイラケラトプス・マグナクエルナ」と名付けられた。成体の全長は推定約6.7メートルと、トリケラトプスよりやや小柄。4足で歩行し、肩や腰の高さが2メートル前後、体重4~5トンとみられる。
 頭骨の長さ約1.8メートルに対し、目の上に2本ある角の長さは0.9~1.2メートルと巨大。角の機能ははっきりしないが、雄が雌に強さをアピールしたり、雌や縄張りをめぐって争ったりするのに使ったとみられ、ティラノサウルス類などの肉食恐竜も恐れる必要がなかったかもしれないという。 

【関連ニュース】
特集・恐竜図鑑~初期鳥類、羽ばたいて飛べず~
〔写真特集〕生命の歴史 太古の生物
〔写真特集〕巨大海洋生物 ホオジロザメとその仲間
深海貝の新種化石発見=進化過程解明に期待
空を泳ぐ海の生物と恐竜=静岡市〔地域〕

ゾウガメ 39年ぶり復活 ガラパゴス諸島(毎日新聞)
朝鮮学校無償化検討 会議メンバーやっと決まるも「非公表」…(産経新聞)
<アムールトラ>障害抱える「ココア」満2歳の誕生日 釧路(毎日新聞)
国民に分かりやすい広報を=専門職4人募集中―厚労省(時事通信)
板橋の資産家夫婦殺害1年 絞り込めぬ犯人像(産経新聞)
AD