23日午前9時35分頃、北海道千歳市の航空自衛隊千歳基地の弾薬作業所で、F15戦闘機用の20ミリ訓練弾を保管する作業中、訓練弾(長さ約17センチ)1発が破裂、男性3曹(23)の右手に弾の破片が突き刺さり軽傷を負った。

 空自によると、3曹は、戦闘機用の装てん装置から抜き取った訓練弾を100発ずつ木箱に入れ、積み上げる作業中で、積みあげて2、3秒後、箱の中で1発が破裂したという。空自は、箱を積んだ際の衝撃か静電気が原因とみて調べている。

 事故があったのは、訓練弾や実弾を詰め替えたり、空対空ミサイルなどを組み立てたりする作業所。事故当時は多数の弾薬があったが、ほかの弾薬に誘爆することはなく、周辺民有地にも影響がなかった。

 同基地第2航空団広報室は「原因究明を急ぎ、再発防止に努めたい」としている。

元警察官、発砲受け負傷=帰宅時に襲われる-福岡(時事通信)
国家公務員、65歳まで勤務なら人件費2割増(読売新聞)
普天間「5月末に必ず結論」=社民党首と会談、先送りをけん制-官房長官(時事通信)
<共産党>町田、日野市議選で全員当選…地方選で健闘(毎日新聞)
立川の居酒屋で店員殴り40万円奪う(産経新聞)
AD