一時期日本でも話題になった中国の新幹線(高铁gāotiě)

「和諧号」

 

時速270キロを超える速さで中国の各都市に運んでくれます。

 

 

先頭車両はこんな感じです。でっかく和谐号と書いてありますね。

書いてない方がかっこいい気がしますが、皆さんはどう思いますか?

 

チキンになってしまい正面から車内を撮れませんでしたが、

日本の特急列車と基本同じです。各列2人掛けシートと3人掛けシートの構成になって、指定席か立ち席です。

 

 

各シートにコンセントが一つ付いています。奪い合いが始まりそうですが、中国人が意外とこれの存在を知らない。充電器を挿すと「おいここコンセントあるぞ」と友達に伝えている光景が見られます。この時私はドヤ顔を隠せません(笑)

以前パソコンを使いたい方がいたので、コンセントを譲ってその人のバッテリーを借りたこともあります。こういう柔軟さは日本ではなかなかないと思います。

 

チケットは直接駅の窓口かネットでの購入になります。窓口ではある程度中国語のレベルが必要ですが、ネット購入だと中国語は特に必要ないです。短期留学中に日帰りで行ける都市なら淄博(zībo)や济南(jǐnán)、潍坊(wéifáng)でしょうか。ただハードな一日になりそうです!

 

 

中国語オンラインレッスンのお問合せはこちらをクリック!!


中国語無料体験レッスン申し込み

 

中国語学留学のお問い合わせはこちらをクリック!!

 

問い合わせフォーム

 

AD