なぜ、うち(日美)なのか?

テーマ:
いま、ウェブサイトを新しくする準備をしているんですが、本当に考えさせられます。

「場所」も「値段」も「サービス」もさまざまで、これでもかーってくらいある「留学斡旋会社」「中国の大学」「中国の語学学校(教室)」...

で、

なぜうち(日美)なの?

こんな多くの学校(教室)があるのに...

うちに来てくれて、心から満足(感動)してくれたお客様(留学生)の声を集めてみると、はてさて、こうなりました。

①学校が中国(青島)にあってしかも日本人経営だった(ちょっと変なの...でも安心)。
 
②日本語科、学習塾も併設していた。日本人講師が結構いた。日本語が話せる中国人スタッフもいた。毎日日本語が飛び交って(中国語が飛び交うのは当たり前)いたので、レッスンの間の休憩時間に雑談なんかも日本語でできて、なんかほっとした。
 
③プライベート(マンツーマン)レッスンで自分の弱点(スピーキングとリスニング)を克服できた。最終日、なんか「修行」の効果を実感した。
 
④学習も観光も休みも全部自分で自由にカスタイズできた。
 
⑤青島という街自体がきれいで住みやすかった。お酒も食も口に合った。危険な感じになったことはなかった。中国の空気は悪いっていうけど青島はそうでもなかった。
 
⑥スタッフ、講師同士の仲がなんか良かった。学校の雰囲気がよかった。
 
⑦学校の近くに喫茶店、スーパーマーケット、パン屋さん、セブンイレブン、レストラン、本屋さんなど、なんでもあって便利だった。
 
⑧校長と「中国語の学び方」の他に、「ビジネス」「就職」「転職」「独立起業」「青島での遊び方」「中国の観光地」「歴史・経済・政治」「漫画」「映画」「ガンダム」「手塚治虫」「中華料理」などなどについて、いろんな話ができて楽しかった。
 
⑨留学斡旋会社を通さないから、プライベート(マンツーマン)レッスン、オールカスタマイズの割には費用がリーズナブルだった。費用対効果がバツグンによかった。
 
⑩とにかく先生たちが優しくて、教え方が上手だった。

とまあ、挙げれば枚挙に遑がないんだが、今日はこれくらいで勘弁しておいてやろう。
※新しいウェブサイトにご期待ください。





本日2月2日で春節休暇もオシマイ...

2月3日から中国も新年が始まります。新しいお客様(留学生)も予約でいっぱいです。

満足ではなく感動を届けなければ、うちである意味がありません。

さあ、明日からまたがんばろう!!






 
AD