社民党は31日の国会対策役員会で、野党が衆院に提出を検討している鳩山内閣への内閣不信任決議案に加え、鳩山首相に対する問責決議案が参院に提出された場合にも、それぞれ賛成する方向で党内調整を行うことを決めた。

 支持率が低下した鳩山政権との対決姿勢を鮮明にすることで、夏の参院選での支持拡大につなげる構えだ。

 ただ、社民党内では、参院選で民主党と選挙協力を行う地域もあることから、「棄権にとどめるべきだ」との声も出ている。

 これに関連し、社民党の福島党首は31日のテレビ朝日の番組で、「不信任案に反対するのは難しい。党内で議論する」と語った。

民主代表選 菅氏「月内に新成長戦略」(毎日新聞)
鳩山首相が辞意を正式表明「職を引かせていただく」 小沢氏も辞任(産経新聞)
温首相、ジョギングで市民と交流(産経新聞)
「首相は辞めない」と政府高官が明言(産経新聞)
斎場職員10人を懲戒免職=業者から「心付け」受領―大阪市(時事通信)
AD