鳩山首相は17日昼、赤松農相と首相官邸で会談し、宮崎県で感染が拡大している口蹄疫(こうていえき)被害への対応として、2010年度予算の予備費から1000億円を充てるよう指示した。

 「口蹄疫防疫対策本部」の本部長も農相から首相に格上げし、同日夕に会合を開く予定だ。

 首相はこれに先立ち、筒井信隆衆院農林水産委員長(民主)らと会い、口蹄疫対策を強化するため、家畜伝染病予防法の改正か特別措置法の制定を早期に検討する考えを明らかにした。また、自らの宮崎訪問も検討する意向を示した。

 平野官房長官は17日午前、農林水産省の山田正彦副大臣を長とする対策チームを編成し、現地に常駐するよう指示した。同日中に設置されるチームは、〈1〉防疫体制の強化〈2〉農家への経済支援対策〈3〉連絡調整――の3グループで構成される。

 政府は17日午前、関係省庁の局長会議を首相官邸で開き、「生活道、集落内の消毒ポイントの設置」「高速道路周辺の消毒強化」「農家への手当金支払いの迅速化と書類手続きの簡素化、特別交付税支払いの迅速化」などの対策を決めた。

岸和田市で5棟が全半焼 男性が1人行方不明(産経新聞)
元公認会計士を逮捕=30億円横領容疑―警視庁(時事通信)
<マンゴーマッコリ>「アイリス」の秋田から 韓国の酒造会社と開発(毎日新聞)
所得、昭和並み 547万5000円 国民生活調査(産経新聞)
【新・関西笑談】混迷時代の改革リーダー(4)(産経新聞)
AD