北朝鮮による日本人拉致被害者の家族会と支援組織「救う会」は28日、東京都内で合同会議を開き、救う会新会長に現会長代行の西岡力氏(53)を選出した。現会長の藤野義昭氏(71)は名誉会長に就任する。また家族会は、蓮池薫さん(52)の兄で元副代表の透氏(55)の退会を決めた。

 透氏の退会について家族会は「北朝鮮への制裁より国交正常化を優先すべきとの主張を繰り返しており、家族会の主張が変わったと国民を混乱させる恐れがあった」としている。後日、退会決定を本人に伝える。

 西岡新会長は「北朝鮮情勢が緊迫しており、今が正念場。拉致被害者全員を救出するため、全力で責任を全うしたい」と語った。

【関連記事】
寺越さん家族が拉致被害者認定を政府に要請
拉致問題「実行犯引き渡し項目」削除めぐり波紋
「救う会」が懸念表明 北のサッカーチーム入国許可
「拉致議連」選挙後初総会で新体制発足 幹事長に自民・古屋氏
鳩山政権で拉致対策本部が休眠中 組織改編の青写真見えず
あれから、15年 地下鉄サリン事件

ギョーザ容疑者拘束、26日深夜に中国から連絡(読売新聞)
政倫審での弁明否定=小林議員(時事通信)
採用面接「部長ならできます」への考察(産経新聞)
首つり自殺…一転、保険金殺人 宮城県警に恩を売った男の決死の覚悟とは(産経新聞)
10年度予算、24日夕に成立(時事通信)
AD