覚せい剤を使用したなどとして、覚せい剤取締法違反(所持、使用)と麻薬取締法違反(所持)に問われたロックバンド「JAYWALK」のボーカル、中村耕一被告(59)の初公判が28日、東京地裁であり、中村被告は起訴事実を認めた。

 検察側は論告で「所持していた覚せい剤は自分で使う目的にしては多く、薬物への依存度も高い」として懲役2年を求刑。

 一方、弁護側は「深く反省しており、釈放後は専門の病院に入院して治療することも決まっている」として執行猶予付きの判決を求め、結審した。判決は5月12日。

事業仕分け ロック歌手の内田裕也さん 抗議の紙を掲げる(毎日新聞)
舛添氏離党の引き金「幹事長の答えがなかった」(産経新聞)
母子殺害の死刑判決を破棄、差し戻し…最高裁(読売新聞)
舛添新党「交付金目当て」改革ク内から反発(読売新聞)
「金を出せ!アホんだら!」コンビニ強盗、10万円わしづかみ(産経新聞)
AD