防衛省統合幕僚監部は15日、領空に接近した他国籍機に対する航空自衛隊機の緊急発進(スクランブル)が、09年度は299回だったと発表した。過去10年では、07年度の307回に次いで2番目の多さだった。

 内訳は、ロシアが197回で66%を占めて最多。中国38回(13%)、台湾25回(8%)などが続いた。年度を通じ、ロシア機が日本の領空に沿って日本海や沖縄、薩南諸島方面へ長距離飛行したのが特徴。

【関連ニュース】
防衛省:前連隊長発言を擁護 陸自3佐を処分 1尉も指導
埼玉県警商標権侵害:防衛省が警察庁に再発防止を要請
普天間移設:北沢防衛相が沖縄知事に政府検討案説明か
空自談合:初の改善措置要求 公取委
北沢防衛相:自衛隊機を民間転用 検討会発足へ

チューリップ500本折られる=河川敷で、器物損壊で捜査-兵庫県警(時事通信)
JR脱線事故 救急隊長が医師らを前に講演(産経新聞)
「100%頑張っている」=夢追う女性にもエール-山崎さん、宇宙基地で会見(時事通信)
チリ大地震津波勧告 避難率、4割を切る(産経新聞)
<400系つばさ>初代ミニ新幹線車両がラストラン(毎日新聞)
AD