前原国交相は5日夜の閣議後会見で、トヨタ自動車新型『プリウス』のブレーキ不具合の対応について、「顧客の視点がいささか欠如しているではないか、という思いを持っている」という見解を示した。

[写真:トヨタ・プリウス]

これは3日に、同社佐々木副社長が国土交通省を訪れ、前原氏に説明した内容の感想として述べたもの。

「会社からの説明では(プリウスのブレーキに空走感があるのは)設定の問題で、大きな問題ではないということだった。しかし、(大きな問題でないかどうかは)使う側が決める話であって、会社側が設定の問題だと言って終わる話ではない。使う側が不具合を感じて、それが原因かどうかはわからないが事故も起きている」(前原国交相)

事態を重く見る同社は、5日午後9時から名古屋市の同社名古屋オフィスで、豊田章男社長の会見を開く。品質保証担当の佐々木眞一副社長も同席する予定。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
【東京オートサロン10】豊田社長お気に入りのHV、3年以内に市場投入か?
【ATTT09】豊田社長がトヨタブースを視察
GMとNASA、ヒューマノイドロボット共同開発
国土交通省 特別編集
トヨタ自動車 特別編集

首相の偽装献金、不起訴不服で検察審に申し立て(読売新聞)
押尾被告、3月に公判前整理=保護責任者遺棄致死-東京地裁(時事通信)
<鳥取不審死>強盗殺人容疑で36歳女を再逮捕(毎日新聞)
<サル>ナベ、地位捨て恋に走る 新たな群れで奮闘中 大分(毎日新聞)
<普天間移設>日米関係、危機的状況ではない 米国防次官補(毎日新聞)
AD