今年夏に行われる参院選比例代表に民主党が、落語家の桂きん枝氏(59)を擁立する方針であることが分かった。同党関係者が明らかにした。民主党は14日にタレントの岡部まり氏(50)を大阪選挙区(改選数3)から擁立することを発表しており、関西地方で知名度の高いきん枝氏の擁立で比例票でも上積みを狙う。

 きん枝氏は大阪市城東区出身で、吉本興業に所属。上方落語協会理事を務めており、舞台やテレビ番組で活躍している。

【関連ニュース】
鳩山首相:ガス田開発「交渉開始を」胡主席に要請
桜を見る会:足元に残雪…鳩山首相主催、新宿御苑
水俣病:鳩山首相「改めておわび」 救済策の閣議決定で
仙谷担当相:衆参同日選の可能性言及 鳩山首相退陣の場合
鳩山首相:普天間、献金で不用意発言連発 後援者懇談で

普天間問題 来月末の合意断念 官房長官、首相引責に予防線 米、柔軟姿勢も(産経新聞)
<東方神起>所属事務所が提訴 メンバー3人相手取り(毎日新聞)
がん検診受診率、「なかなかショッキング」(医療介護CBニュース)
東武東上線、運転見合わせ ときわ台駅で飛び込み(産経新聞)
23年度の公務員採用、抑制方針で一致(産経新聞)
AD