関西棋院は24日、中部総本部(名古屋市緑区)所属の棋士6人のうち5人が引退するのに伴い、今月末で同総本部を閉鎖すると発表した。現役を続投する森川満夫六段(76)は、本院(大阪市中央区)に移籍する。

 中部総本部は1957年に発足。一時は二十数人の棋士がしのぎを削ったが、近年は所属棋士も減少し、高齢化が進んでいた。昨年、所属棋士のうち5人が引退を表明。プロ入りする若手の登場も見込めないことから、閉鎖を決めた。

【関連ニュース】
囲碁:橋本昌二棋士しのび「語らう会」
民主党:小沢幹事長と菅副総理 囲碁対局実現に政界が注目
囲碁:飛田さんが女流アマ選手権初優勝
囲碁:張栩が棋聖奪取 7冠制覇
囲碁:プロ棋士の卵 厳しい修練に耐え、夢は世界トップ

天皇、皇后両陛下 京都の重要文化財、碧雲荘を視察(毎日新聞)
普天間問題「皆が納得する案を努力している」 防衛政務官、米国防次官補と会談(産経新聞)
逮捕の会社員、拳銃約30丁所持=銃刀法違反で再逮捕-広島県警(時事通信)
【あれから、15年 地下鉄サリン事件】(5)心救われない被害者(産経新聞)
オンラインゲーム 最大256人で対戦可能 ネトゲ廃人対策も(産経新聞)
AD