三人目のケアマネさん

テーマ:
ケアマネさん二人目は忙しいからと断られました。今現在の介護サービスは、みんなが望むものは人材不足でうまくいかないものです。

要介護2級は認定されたものの、望むサービスは受けられません。

今日は三人目のケアマネさんに会う予定です。

期待しています。

介護保険が出るものばかり勧めるのではなく、こちらが今困っていることを一緒に考えてくれそうだからです。


AD

ケアマネージャ探し

テーマ:
まずは、ケアマネージャ探しです。


「介護は法律でやるものはなく、介護は愛をもってやるもの」

当たり前だと思うのですが、これをわかってもらえない人が多いようです。

「仕方ないやん、国が決めた法律だから」とか、「お金が出ないのだから」とか

そちらから見た介護は冷たい気がする。

昔の姨捨山(おばすてやま)のような感じ

わかってくれる「ケアマネさん」は、いはるはずや!

今日、二人目のケアマネさんと会う。

良いケアマネさんに出会えますように!

AD

介護は1日25時間

テーマ:
かぁちゃんは、昼寝てばかりいるので、朝の3時4時に目が覚める。

お昼に、やることを増やさなければいけない。

ディサービスも良いかもしれない。

3年間、一切介護保険のお世話にならなかったのだが、お世話になければいけない時が来た。

良いケアマネさんに出会うことも大事だなと思ってきている。

何事も法律で出来る、出来ないと割りきってしまうようなケアマネさんとはお付き合いしたくない。

介護される人、介護する家族などが望んでいることを提案してくれる人が良い。

結果、介護保険が使えるもの、自己負担になるもの、別れるかもしれない。

3年間、自己負担でやって来たので、それには慣れている。

問題に対応する愛があるかが一番大事です。

今の法律が決して一番良いとは限らない。

介護される人が一番喜んでくれることが大事なのではないか!?

とりあえずは、良いケアマネさんに出会うまで、探そうと思っています。





AD

介護は愛 vs 介護は法律

テーマ:
昨日は、新しいケアマネさんと面談したのですが、残ったのはむなしさだけでした。

法律で決まっている「出来ること」の押し付けと、こちらが望んでいることは法律で出来ないという返事。

例えば、ベッドや補助器具などのレンタルを勧める。
こちらは、もう伝統ベッドを買っているので必要としない。(補助器具は良いかも)

こちらが望んでいることはヘルパーさんに食事を作ってもらうことで、同居の場合は法律で出来ないらしい。

出張リハビリは混んでいて順番待ち。

要支援2級が要介護2級になったからと言って、こちらが助けて欲しいことは、法律の壁があるみたい。

要支援2級の時も、こちらの望む介護をしてくれなかったので、1ヶ月のデイサービスだけで、介護保険を3年間使ってこなかった。

これからも・・・

とりあえず、法律、法律というこのケアマネさんはやめて、別のかたと会ってみようと思う。

介護は法律でやるものじゃなく、愛でやるものだとこのケアマネさんにも知ってもらいたい。

わかったのは、神戸市がやっているのは、家族介護を助けるのではなく、税金をたくさん使ってでも、介護業者や介護施設にお金が落ちることを望んでいるということです。

久緑風家庭介護

テーマ:
ついに、介護専任になりました!

なんとか、母の介護も介護保険を使わずに3年間やって来ましたが、昨年の暮れに転倒してからだいぶ弱りました。

介護施設に入ることも検討しましたが、どうも気がスッキリしない。

高齢者住宅に転居することも検討したが、お金がかかるわりには好転しそうにない。

最終的に決断したのが、仕事を辞めて介護に専任することでした。

先日、要支援2級から要介護2級に認定変更され、今日ケアマネさんが来てくれて、ヘルパーさんなどの相談をします。

本人の希望でもある家庭介護をいつまで出来るか、やってみようと思っています。

これから、久緑風の介護を書いていきたいと思いますので、お暇なかたはお付き合いください。