首相官邸は9日、日本新聞協会加盟の新聞、通信、放送各社で構成する内閣記者会に、菅直人首相が記者団と直接やりとりする「ぶら下がり取材」について、従来の1日2回から1回にしたいと申し入れた。記者会側は10日に対応を協議する。
 首相は8日の就任記者会見で「取材を受けることによって、そのこと自体が影響して政権運営が行き詰まる状況も感じられる」と、記者団の取材機会を抑制する考えを示唆していた。官邸側の提案では、ぶら下がり取材を減らす代わりに、首相の記者会見を原則月1回行うとしている。 

【関連ニュース】
【動画】菅直人首相、就任初会見
【特集】菅直人内閣閣僚名簿
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月
荒井戦略相、辞任に値する=事務所費問題報道で自民・石破氏

東北厚生局 開示文書改ざん…厚労相「調査を指示」(毎日新聞)
<人事>東京ヘレン・ケラー協会(毎日新聞)
事前協議に「迅速対応」=半島有事で米と確認―政府(時事通信)
ハイエース盗の輸出手助け、貿易代行業者も再逮捕 兵庫県警(産経新聞)
地域と交流 広がる「声の学校」 夫婦ユニットJ&O 27日 大阪でライブ(産経新聞)
AD